葬式で身につける真珠の色は白限定?大きさもルールがある?

 
お葬式でつけるアクセサリといえば
真珠ですよね。

でも真珠って結婚式でも使いますよね~?

なぜ冠婚葬祭で真珠が使われるのでしょう?

それにひと口に真珠といっても、
色々な大きさのものがあって、
一連の真珠もあれば二連の真珠もあり、

色だって白もあれば黒もありますよね?

いったいお葬式につけていくのは
どんな真珠が正解なんでしょうか?

今回はお葬式の時に付ける真珠について
まとめました。

Sponsored Links


葬式で見につける真珠の色は何色が正解?

2016y04m12d_171203468

真珠といえば定番の白い色のものから
黒やピンクまで色の種類もさまざまです。

個人的にピンクはなんとなく

「お葬式に向かないのかな~?」

という気がしてますが、それでは
お葬式に付ける真珠の色は何色が
正しいのでしょうか?

白・グレー・ピンク・・・真珠の色にはそれぞれ意味がある?

02725265ba1261c77db3d64cb93599c9_m

お葬式では本来
アクセサリをつける必要は無いんですね。

真珠をつけるのがマナーと思ってる人も
いるのではないかと思いますが、

「お葬式に真珠をつけてもいい

「もし何かつけるなら真珠で」

という事なんです。

「真珠をつけるべきである」という決まりが
あるわけではないので、ネット上でも
お葬式の真珠に関しては、さまざまな意見が
見られます。

「白やピンクの真珠は若い人が付けるもの
年を取ってきたらグレーの真珠にするべき」

という意見から

「お葬式にピンクの真珠なんておかしい
非常識だ」

そんな声があったかとと思えば

「ピンクの真珠だっておかしくない。だって
数珠にはピンクの数珠だってあるでしょ?」

そんな意見まで…。

確かにどれもなるほど~と
思ってしまいますよね。

中には私のように漠然と
「ピンクはダメじゃないの~?」
と思ってた人もいるでしょうが、

これだけ違う意見が錯綜していると

「それじゃあ、結局どの色の真珠を使えばいいの!?」

という事になりますよね…?

お葬式というのは地域性や親族間の慣わしに
よってその作法も大きく違ってくるので、
周りに合わせるというのが正解かも
しれませんね。
親戚などに相談せ着る人がいない場合は、

  • 手持ちの真珠のネックレスをを用意し
  • 当日会場で周りの様子を伺いつつ
  • つけるかどうかの判断をする。

というようにしてはいかがでしょうか?

もともとつけなくてもいいものなので
「わざわざ購入する余裕はないんだけど…」

という人はもちろんつけないで行っても
いいでしょう。

Sponsored Links

「本来は葬式にアクセサリは必要ない」

というのは多くの人が共通で認識している
マナーなので、
「迷ったら何もつけない」
これが一番確実とも言えそうです。

真珠のネックレスや指輪などの大きさの目安は?

2016y04m12d_171306045

お葬式に真珠のネックレスをつけていくなら
色以外にも真珠の大きさにも気を付ける
必要があります。

真珠の大きさは大きくても7㎜から8㎜まで。
9㎜以上になるとお葬式には大きすぎる
印象です。

2016y04m12d_171420665

指輪も基本的には結婚指輪以外はしないもの
なのですが、最近は真珠のネックレスと
セットで、冠婚葬祭用として売られている
こともありますね。

お葬式にパールの指輪をするなら、
デザインがシンプルな一粒の指輪
しましょう。

他にも真珠のアクセサリーの注意点は?

真珠のアクセサリをつけるときにもう一つ
気をつけたいのが、デザインです。

真珠のネックレスをつける場合は一連
ものを使用します。

二連のネックレスは、

「悲しみが重なる」

という意味合いもあるのでお葬式では
避けましょう。
こちらの動画で紹介している葬儀マナー
のように実際のお葬式では
細かいマナーがたくさんあります。

葬儀のアクセサリについてわかったら、
足元やメイクのマナーについても、しっかり
チェックしていきましょう。

こちらの記事が参考になります。
→お葬式の靴にストラップ付のヒールはダメ?マナーを紹介!
→葬式の化粧!チークやマスカラは塗らないのが正解?

冠婚葬祭で真珠がよく着けられる理由はなぜ?

今でこそ、冠婚葬祭で真珠を身に着けるのは
普通なことですが、もともとはなぜ
冠婚葬祭で真珠が使われるように
なったのでしょうか?

その理由を調べてみました。

Sponsored Links

真珠は無垢純潔など、清らかさの象徴
言われているので結婚式で使われるように
なりました。

↓こんなイメージでしょうか?

2016y04m13d_131702665
その一方で、真珠の粒が涙に似ている
ことから涙の象徴とも言われ、お葬式でも
使われるようになりました。

エリザベス女王がウィストン・ チャーチル
(当時の首相)の葬儀で真珠を身に着け、
上流階級の婦人がそれに倣ったことが
始まりとも言われています。

まとめ

お葬式で身に着ける真珠について
ご紹介しました。

基本的にお葬式ではアクセサリは不要です。

つけるとしたら真珠をつけますが、
真珠の色については明確な決まりはなくて、
人によって意見は様々です。

デザインは不幸が重なることを意味する
二連は避け、一連のものを使いましょう。

真珠の大きさも大きすぎると華やかな印象を
与えるので、多くくても、7㎜から8㎜
ものを選びましょう。

参考になれば幸いです。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】

hiyokonoko04

3人の娘を子育て中の専業主婦で
あしのと申します。

結婚して7年目になりますが、冠婚葬祭に
関してはまだ不慣れなことが多くて…(汗)

特にお葬式ってそんなに頻繁に経験できる
ものではないので、いざという時に
おろおろしてしまうこともありますよね。

そんな、人にはなかなか聞きづらいお葬式や
法事に関する事を、家庭を切り盛りする
主婦の目線でわかりやすくまとめて
お伝えしていきたいと思います^^

hiyokonoko04をフォローする
アクセサリー・持ち物
Sponsored Links


NEVER ENDING物語