終活の資格を一覧で!違いをわかりやすく解説【まとめ】

実は私、終活の資格をとろうと思っています!

私は行政書士をしているのですが、

専門家に相談しながら終活したい」

という方がとても多いと最近感じます。

そこでお役に立てるよう、
終活の資格試験に挑戦したい!
一念発起したわけですが…

終活の資格はたくさんあって
どれがいいのかわかりません(><)

というわけで今回は、現在有名な

  1. 終活ガイド
  2. 終活アドバイザー
  3. 終活カウンセラー
  4. 終活ライフケアプランナー
  5. 終活マイスター
  6. 終活士
  7. 終活診断士

の7資格について、
違いを徹底検証しました!

7つの違いを知って、
自分にぴったりの資格を見つけましょう。

Sponsored Links


終活とはどんなことをするの?

そもそも『終活』とは
どんなことをするのでしょうか?

終活に細かな決まりはありませんが、

  • 財産の把握と整理
  • 保険や預金の把握
  • 相続人と相続額を決める
  • お墓の希望
  • 延命処置など理想の最期を考える

といったことを行う方が多いです。

どのように生きてどのように死にたいのか
エンディングノートにまとめて
遺族に伝えるのが終活です。

Sponsored Links

終活をサポートする資格は全部で7種類!資格内容の違いとは?

 

ではいよいよ現在有名な7資格について、
資格内容の違いをみていきましょう。

1.終活ガイド

終活ガイドでは

  • 医療
  • 介護保険
  • 相続葬儀
  • お墓

について学ぶことができます。

終活に関する必要最低限の知識を
1日で学ぶことができる

ほかの資格との違いです。

講習会は全国各地で行われているので

  • 都合がつけやすい
  • 1日だけ学べば資格をゲットできる

ため、急いで資格をとりたい方におすすめです。

終活ガイド
  • 認定機関:
    総合終活サービスを運営する
    社団法人終活協議会
  • 受講費用:5000円
  • 受講形式:講習会(1日)
  • 試験形式:選択式
  • 年会費:なし
  • 入会費:なし

2.終活アドバイザー

終活アドバイザーで学べる内容は

  • 葬儀
  • お墓
  • 遺産相続
  • 保有資産の管理
  • 医療
  • 介護
  • 老後の生活費

などについて。

実際にエンディングノート
作成しながら学習をすすめていくため、
自分自身の終活も同時にすることができるのが
ほかの資格との違いですね。

老後のプランニングについての専門知識
幅広く身に着けるだけでなく、
専門家として実践的なトレーニングにも◎

終活アドバイザー
  • 認定機関:
    NPO法人ら・し・さ
    終活アドバイザー協会
    (講座はユーキャン)
  • 受講費用:35000円
  • 受講形式:通信講座(4ヶ月)
  • 試験形式:選択式
  • 年会費:6000円
  • 入会費:4000円

3.終活カウンセラー(初級)

終活カウンセラー(初級)で学べる内容は、

  • 相続
  • 遺言
  • 保険
  • 葬儀
  • 介護
  • 健康

などについて。

初級では自分のエンディングノート
書くのに必要な知識を、
6時間で一気に身に着けることができます。

他人のエンディングノートの作成について
アドバイスするための知識が身につく
上級資格も用意されている点
ほかの資格との違いです。

カウンセラーの名の通り、
終活に悩んでいる人の役に立つ
という
実践的なイメージをもちながら
学習することができます(^^)

終活カウンセラー
  • 認定機関:
    一般社団法人
    終活カウンセラー協会
  • 受講費用:9970円
  • 受講形式:講習会(6時間)
  • 試験形式:筆記試験
  • 会員登録費:年4560円
Sponsored Links

4.終活ライフケアプランナー

終活ライフケアプランナーでは

  • 終活に関する基礎知識
  • 終末期ケアと死生観に関する基礎知識

を学びます。

「ライフ」と「ケア」の両方を
プランニングするための知識を学べる点
ほかの資格との違いです。

履歴書にも書ける資格なので、

  • 保険業界
  • 介護業界

などの就職にも有利です◎

終活ライフケアプランナー
  • 認定機関:
    一般社団法人
    日本能力開発推進協会(JADP)
    (講座はキャリアカレッジジャパン)
  • 受講費用:37000円
  • 受験費用:5600円
  • 受講形式:通信講座
  • 試験形式:通信
  • 年会費など:なし

5.終活マイスター

終活マイスターは現在
活動・更新ともに詳細は不明です。

終活マイスター
  • 認定機関:
    一般社団法人
    日本終活マイスター協会
  • 現在の活動状況は不明

6.終活士

終活士では、

  • エンデインノートの選び方、
    書き方の助言と指導
  • 医療・介護・終末医療・尊厳死の助言、
    問題解決の助言と指導
  • 葬儀・お墓・死後の整理の助言と指導
  • 相続・生前贈与・遺言・
    成年後見の問題可決への助言と指導

について学びます。
(引用元:任意団体 日本終活士協会

日本終活士協会では
相続専門情報誌の定期購読や
スキルアップ講座などを用意しており、
資格取得後のバックアップが充実しています。

豊富なアフターフォロー体制
ほかの資格との違いです。

終活士
  • 認定機関:
    任意団体 日本終活士協会
  • 受講する場合:96400円
  • 試験を受ける場:37800円
  • 受講形式:WEB通信
  • 試験形式:DVD講座と通信試験
  • 会費:月1000円
  • 更新費:5年ごとに8000円

7.終活診断士

終活診断士では、

  • マネー
  • ルール
  • カラダ
  • ココロ
  • ケア
  • クヨウ

について学びます。

終活全般について必要最低限の知識
1日6時間で学べるのが特徴です。

また税理士業務との兼ね合いなど、
終活診断士としてのルールも学べる点
ほかの資格と違う点ですね。

終活診断士
  • 認定機関:
    一般社団法人
    日本クオリティオブライフ協会
  • 受講と受験費用:35000円
  • 受講形式:講座
  • 試験形式:講座と同日
  • 年会費など:なし
Sponsored Links

就活の相談はどの資格を持っている人がおススメ?

もしあなたが終活を相談する立場だとして、
どの資格を持った人に相談するのが
一番いいアドバイスがもらえるでしょうか?

私なりに考えてみたんですが…答えはずばり、
どの資格かより相性の合う人に!“です。

ご紹介した7つの資格で、
学べる知識に大きな違いはありません。

つまり資格者であれば、
みんな同じレベルの知識を持っています。

となればあとは相性です。

終活では自身の財産状況や家族との仲など
プライベートな事項を話さなければいけません。

あなたの気持ちをわかってくれて
信用に足る人に相談することが
一番大切ではないでしょうか(^^)

資格取得を目指すなら、
傾聴でき信頼される資格者になりたいですね。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

終活の資格を7つ、ご紹介しましたが…
それぞれの違いは伝わったでしょうか?

学べる知識に違いはほぼありませんが、
資格取得までの費用や日数には
7つそれぞれ違いがあります。

合格率は7つすべて90%以上なので、
あなたの生活スタイルに合った資格を選んで
ぜひ挑戦してみてくださいね。

相談者の悩みに耳を傾け、
信頼される資格者を目指しましょう!



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】

行政書士。相続(遺産分割協議書の作成)・各種契約・会社設立を専門に活動しています。プロの目線から、遺産についてわかりやすくご説明します(*^^*)

sweetflowerをフォローする
終活
Sponsored Links


NEVER ENDING物語