法事の服装はカジュアルでもOK?男性のコーディネート例を紹介

『法事』

故人をしのぶ大切な行事でもあり
欠かせない親戚付き合いでもあります。

マナーを守った服装で
礼儀正しく参加したいものですが…

法事の服装って結構難しいですよね”(-“”-)”

お葬式なら喪服一択だけど、
法事なら少しカジュアルにいきたいところ。

どの程度カジュアルで許されるのか、
判断に迷ってしまいます。

そこで今回は、

  • 身内だけの法事の男性の服装は
    どの程度カジュアルでいいの?
  • カジュアルを取り入れたコーディネート例
  • 注意するべきマナーとは?

について調べてしました。

カジュアル・平服の違いと
カジュアルOKラインの線引き
一緒に勉強していきましょう!

Sponsored Links


身内だけの法事の服装はどの程度カジュアルでいいの?

早速ですが、
法事で許されるカジュアルライン
探ってみましょう。

ずばり答えは”スーツまで”です。

カジュアル=Tシャツ&ジーパン
みたいなイメージがありますが、
これはNG!

法事でいうところのカジュアルは
あくまでも喪服でないスーツという意味です。

「平服」と「カジュアルな私服」とは同じ意味?

3回忌を過ぎた法事の案内状には
「平服でお越しください」
と書いてある場合があります。

平服という言葉に惑わされて
Tシャツにジーパンといった
カジュアルな私服で行ってしまうと
赤っ恥をかくことに( ;∀;)

平服とカジュアルな私服は
まったくの別物!

法事での平服とは、
こちらも喪服でないスーツという意味です。

Sponsored Links

法事の男性の服装!カジュアルを取り入れたコーディネート例

「カジュアルだ平服だと言っても
結局スーツなんじゃん!!」

とお思いかと思いますが、
残念ながらその通りです。

男性の場合、
法事にはスーツが絶対無難です。

  • お通夜…
    できるだけスーツだが
    そのとき着ている服装でOK
  • お葬式…
    喪服(黒スーツ+黒ネクタイ+白シャツ)
  • 3回忌までの法事…
    喪服(黒スーツ+黒ネクタイ+白シャツ)
  • 7回忌~の法事…
    喪服でないスーツ

3回忌まではカジュアルさは考えず、
喪服で正装していきましょう。

7回忌・13回忌・・・など年忌によって違いはある?

3回忌を過ぎれば
少しカジュアルさを取り入れてもOKです。

いくつかコーディネートを
ご紹介しておきますね(*^-^*)

  • 黒スーツ+紺ネクタイ+白シャツ
  • 黒スーツ+グレーネクタイ+白シャツ
  • ダークスーツ+紺ネクタイ+白シャツ
  • ダークスーツ+グレーネクタイ+白シャツ

多少であればストライプなどの
模様が入ったスーツやネクタイも〇

しかし全体的に派手にならないように、
落ち着いた色で統一しましょう。

色シャツやピンクネクタイなどは
避けたほうがいいです。

 

一般的には7回忌よりも13回忌の方が
よりカジュアルな服装の参列者が増えます。

しかしできれば他の参加者の服装を
事前に聞いておくと、
当日ひとり浮かずにすんで安心です(*^-^*)

Sponsored Links

法事の服装で注意するべきマナーとは?

最後に、
法事の服装で注意するべきマナー
まとめておきましょう。

  • 3回忌までは喪服が正装
  • 3回忌を過ぎたら
    喪服でないスーツもOK
  • 地味な色で統一する
  • 「平服で」とあっても
    普段着で行ってはダメ
  • カジュアルさを取り入れるのは
    3回忌を過ぎてから

このマナーをきちんと押さえることが
大人として大切です。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

男性の場合、法事にはスーツが無難です。

  • お通夜…
    できるだけスーツだが
    そのとき着ている服装でOK
  • お葬式…
    喪服(黒スーツ+黒ネクタイ+白シャツ)
  • 3回忌までの法事…
    喪服(黒スーツ+黒ネクタイ+白シャツ)
  • 7回忌~の法事…
    喪服でないスーツ

3回忌までは喪服で正装し、
故人への礼儀をはらいましょう。

 

3回忌を過ぎると次第に
カジュアルなスーツを着る
参列者が増えてきます。

しかし!
案内状に「平服でお越しください」とあっても
普段着で行ってはいけません。

平服=喪服でないスーツ”です。
落ち着いた色合いのスーツを選びましょう。

多少なら柄物のスーツやネクタイもOKです。

他の参加者の服装を事前に聞いておくと、
当日ひとり浮かずにすんで安心ですよ。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】

行政書士。相続(遺産分割協議書の作成)・各種契約・会社設立を専門に活動しています。プロの目線から、遺産についてわかりやすくご説明します(*^^*)

sweetflowerをフォローする
法事
Sponsored Links


NEVER ENDING物語