法事の香典金額!親の相場はいくらくらい?年忌でも変わるの?

親の年忌の法事
やはりきちんと供養したいもの。

でも、
「親の法事の場合
香典はいくら包めばいいの?

って不安ですよね”(-“”-)”

失礼があってはいけないですが、
あまり多額を包むのも
兄弟・親族間で気まずくなってしまいます。

そこで今回は特に悩みがちな香典について、

  • 親の法事の香典金額の年忌別の相場
  • 夫婦で参列する場合の金額
  • 気を付けたい!金額に関するマナー

をご紹介します。

年忌法要はとても大切な行事。

香典の相場やマナー
一緒に学んでおきましょう!

Sponsored Links


法事の香典金額!年忌別の相場を紹介

ではさっそく親の法事の香典金額の相場を
年忌別にご紹介します。

49日の法要

49日の法要では、

  • 法要のみの場合:1~3万円
  • 法要後会食がある場合:2~5万円

が相場です。

たいていの49日は
親族・知人が多く集まり会食をします。

集まる人数や会場の広さを考慮して
金額を決めましょう。

一周忌

一周忌の法要も49日と同様に、

  • 法要のみの場合:1~3万円
  • 法要後会食がある場合:2~5万円

が相場です。

一周忌では会食をしない場合も増えています。

しかしまだ多くの方が集まるので、
集まる人数と会場の広さを考慮して
金額を決めてください。

三回忌

三回忌の法要でも同様に、

  • 法要のみの場合:1~3万円
  • 法要後会食がある場合:2~5万円

が相場といわれています。

しかし三回忌ともなると
集まる人数が減ってきますし
会食がない場合も多いです。

親族のみで行うことも多いので、
規模の大きさを考慮して
1~3万円を包む場合が多いです。

七回忌

七回忌でも一応相場は同じく

  • 法要のみの場合:1~3万円
  • 法要後会食がある場合:2~5万円

とされています。

しかし七回忌は三回忌よりも
もっと規模が小さくなります。

1~3万円程度の場合が多いです。

13回忌・17回忌・33回忌・・・

13回忌以降も相場は同じく

  • 法要のみの場合:1~3万円
  • 法要後会食がある場合:2~5万円

といわれています。

しかし行われない場合もありますし、
規模がより小さくなる場合もあります。

逆に「最後の法要」として
大々的に行うことも。

集まる人数や会食の有無、
法要の意味合いを考慮して
金額を決めましょう。

Sponsored Links

親の法事に夫婦で参列する場合の香典金額は倍になる?

親の法事には
夫婦で参列することが多いですよね。

その場合
香典の金額は倍になるのでしょうか?

答えはずばり、NOです!

  • 法要のみの場合:2~5万円
  • 法要後会食がある場合:3万円~

が夫婦での香典の相場となります。

単純に倍ではないのですが、
1人分よりは多く包むのが相場です。

Sponsored Links

法事の香典で気を付けたい!金額に関するマナーとは?

法事の香典の金額は、
相場であればいいというわけではありません。

4や9など「死」「苦」を連想させる金額
避けるのがマナーです。

また一般的には偶数を避ける傾向にあります。
(例外として2万円はOKです)

このあたりのマナーは
地域差が大きい部分なので、
親族の年配者に相談するのがおすすめです◎

 

香典の包み方にもマナーがあります。

当日になって慌てないように、
前日にこの動画を見ながら
包んでおきましょう!

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

親の法事の香典金額の相場は、

  • 法要のみの場合:1~3万円
  • 法要後会食がある場合:2~5万円
  • 夫婦参加で法要のみ:2~5万円
  • 夫婦参加で会食あり:3万円~

といわれています。

一周忌までは規模が大きいことが多いため、
集まる人数や会場の大きさなどを考慮して
多めに包むことが多いです。

三回忌以降は参列者が減っていきますし
会食がない場合も増えるので、
香典も徐々に少なくなります。

夫婦で参加する場合は、
2倍とまではいかなくでも
1人分よりは多く包みましょう。

 

香典の金額には

  • 4(死)や9(苦)を
    連想させる金額は避ける
  • 偶数は避ける(2万円はOK)

というマナーもあります。

香典のマナーは地域差が大きいので、
親族の年配者に相談するのがおすすめです◎



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】