法事での挨拶!参列者が法要中に使う言葉をケース別で紹介

法事ではいろいろな場面で
参列者から挨拶が必要になります。

大人として、
きちんとした挨拶がしたいですよね!

でも…
「いつなにを言えばいいのかわからない」
という方、多いのではないでしょうか。

かくいう私もそうです((+_+))

いつどんな挨拶をすればいいのか
よくわかっていません…

そこで今回は
法事での参列者の挨拶について
シチュエーション別に調べてみました!

  • 来場時の最初の言葉
  • 香典を渡す時
  • 法要中に遺族と対面した時
  • 法事が終了し帰る時
  • 四十九日や一周忌、7回忌
  • 気を付けたい挨拶マナー

をご紹介します。

これを機に大人のマナー
一緒にしっかり身につけましょう!

Sponsored Links


法事での参列者の挨拶!シチュエーション別の例文を紹介

法事で参列者の挨拶が必要なのは、

  1. 来場時
  2. 香典を渡す時
  3. 法要中に遺族と対面した時
  4. 法事が終了し帰る時

の4つです。

順番に挨拶の例文をみていきましょう。

来場時の最初の言葉

まずは受付にて、
来場の最初の挨拶をしましょう。

来場時の例文

「本日はお招きをいただき、
恐れ入ります。
ご一緒にご供養をさせていただきます。」

「本日はご法要の席に
お招きいただきまして恐縮です。」

法要に参列させてもらえる感謝の気持ち
端的に述べましょう。

香典を渡す時

来場の挨拶に続いて、
香典を渡しながら挨拶をします。

香典を渡す時の例文

「御仏前にお供えください。」

「心ばかりですが仏前にお供えください。」

香典はできるだけ施主の方に渡しますが、
受付で渡す流れの場合がほとんどです。

法要中に遺族と対面した時

法要中に遺族と対面した時には
故人への言葉を挨拶として話します。

法要中に遺族と対面した時の例文

●お通夜・初七日・49日まで
「このたびはご愁傷様です。」
「突然のことで言葉もありません。」
「心中お察しします。」

●一周忌~
「故人には大変お世話になりました。」
「(故人とのエピソードを手短に話し)
今でもとても懐かしいです。」
「もう〇年たったのですね。」

法要中、遺族はとても忙しいため
あまり長々と話すのはマナー違反

気持ちだけを短く伝えて
立ち去るようにしましょう。

法事が終了し帰る時

法事が終了し帰る時には
施主に挨拶してから退場します。

法事が終了し帰る時の例文

「このたびはご愁傷様です。」

「本日はお世話になりました。」

※途中退場する場合
「本日はやむを得ぬ事情があり、
これにて退場させていただきます。
大変失礼をし、申し訳ございません。」

施主が引き出物を準備し始めたら
法要が終わる合図です。

さっと用意を整えて、
施主に一言声をかけてから
退席するようにしましょう。

Sponsored Links

四十九日や一周忌、7回忌・・・法事での参列者の挨拶は年忌で変わる?

法事での参列者の挨拶は
基本的には変わりません。

ただし、

  • 法要中に遺族と対面した時

には時間軸にあった挨拶をしましょう。

また一周忌以降の法要で
「このたびはご愁傷様です」と言うと
なんだか少しズレてしまうので、
気を付けてくださいね。

Sponsored Links

NGあり!法事の参列者が気を付けたい挨拶マナーは?

法事に参列した際の挨拶には
NGな言葉があります。

それはずばり「ありがとうございます」。

ついつい、
「お招きいただきありがとうございます」
と言いたくなりますが、
法事の場にありがとうはふさわしくありません。

「恐れ入ります」や「恐縮です」に
言い換えましょう。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

法事では次の4つの場面
参列者にも挨拶が必要です。

  1. 来場時…
    「本日はご法要の席に
    お招きいただきまして恐縮です。」
  2. 香典を渡す時…
    「心ばかりですが仏前にお供えください。」
  3. 法要中に遺族と対面した時…
    「このたびはご愁傷様です。」
    「故人には大変お世話になりました。」
  4. 法事が終了し帰る時…
    「本日はお世話になりました。」

最低限この4つの場面の挨拶の例文
覚えて参列しましょう(*^-^*)

 

法事での挨拶では
「ありがとうございます」はNGです。

「恐れ入ります」「恐縮です」
に言い換えましょう。

 

また、ついつい言いがちな
「このたびはご愁傷様です」も注意が必要です。

お通夜~49日法要までは
使いやすい言葉なのですが、
それ以降は時間軸が合わなくなります。

一周忌法要などで遺族に声をかけるときには、
「もう〇年たったのですね。」など
時間軸に合った挨拶を心がけましょう。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】