葬式でもらう塩を玄関でかける意味は?正しいやり方も紹介!

お葬式に参列した時によくお清めの
お塩を頂きますが、そのお清めの
お塩の正しい使い方や意味などを

あまりご存じない方は結構
多いのではないでしょうか。
そんな方の為ににここでは、

  • お葬式でもらう清めの塩のまく意味や使い方
  • お清めの塩に関するマナー
  • 宗派や喪主の意向によってはお清めの塩はないこともある

について解説させて頂きたいと思います。
お葬式でいただくお清めの塩の使い方や
意味について詳しくお知りになりたい
方は、ぜひ、以下の記事をご覧になって
くださいね。

Sponsored Links


葬式でもらう清め塩!塩をまく意味や使い方とは?

1a3440f0830fb4b0ddce554a1c4f6e10_m

宗派によってはお葬式に参列した時に
お清めの塩をいただいたりしますよね。
でも、どうやってそのお清めの塩を
使ったらよいのか事前にわかって
いないと困る場合があると思います。

そこで、以下にお清めの塩の使い方や
使うタイミング、使う場所について
検証していきたいと思います。

youtubeでお清めについて
解説している動画を見つけました。
葬儀後のお清めについて詳しく
お知りになりたい方は、ぜひ、
以下の動画をご覧になってくださいね。

清め塩のやり方は?

ebaf5346ff841c055a4bae0d5e90b471_m

お清めの塩は、もともと死をけがれとして
扱う神道で用いられている清めの儀式です。
塩でけがれを清めるというのは、

イザナギが黄泉の国で妻にあった後、
こちらに帰ってきてからその体を
海水で清めたことがもとに
なっているようです。

その清めの塩の正しい使い方は、
自宅の玄関に入る前に胸、背中、
足元の順に自分の体に清めの塩を
少量振りかけます

家族がいる場合は、家族に
振りかけてもらい、家族がいない
場合は、自分で振りかけても
大丈夫です。

いつ使う?正しいタイミングとは

使用するタイミングは上記でも
ご紹介しておりますように、
葬儀から帰ってきて玄関に入る前
自分、もしくは家族に振りかけて
もらいましょう。

家の玄関?車で?塩を使う場所とは

3e16fce28f7b53667eb312f9427b1bc3_m

上記でご紹介しましたように、
葬儀の時にお清めの塩を頂いた場合は、
玄関に入る前に自分やご家族の方に

胸、背中、足元の順番で塩を
振りかけます。
葬儀に参列した方だけでなく、
地域や宗派によっては
車に振りかける場合もあります

清め塩に関するマナーを知っておきたい!

清めの塩は主に神道の葬儀の場合に
使用されるものですが、
神道を信仰していなくても、

神道自体が日本古来の宗教であるため、
地方の慣習や迷信に強く結びついており、
さらに過去に神仏習合と言って

神道と仏教を一つの信仰体系とされた
宗教現象があった結果、仏教と神道の
境界があいまいになり

現在でも仏教でも宗派によっては
清めの塩が残っていたりします
その清めの塩のマナーをいくつか
以下にご紹介させて頂きます。

水を使う場合もある

1c9b1330fe104e4778d30c68174e49f9_m

葬儀から戻ってきた後のお清めに
水を使用する場合があります
やり方は、玄関に入る前に火葬場に
行かなかった方に、柄杓で水を
かけてもらいながら手を洗い

清めの塩を上記でご紹介
しましたように胸、背中、足元の
順番で振りかけます。

盛り塩はまったく違う意味?

6406c8e9d6b41c11fd1bcd0fec2beef7_m

葬儀の後の清めの塩はけがれを清める
意味を持つものですが、盛り塩は、
縁起かつぎや厄除けの意味もあります。

中国の始皇帝に仕えていた女性が、
自宅の前に塩を置いたら、牛車が
女性の家の前にとまるようになり、

その後、女性が始皇帝から
寵愛されるようになった故事が
転じて、商売繁盛や縁起をかつぐ
意味で店先に盛り塩をするように
なったという説もあります。

神事や仏事に盛り塩が使われるのは、
けがれを祓うためです。

宗派や喪主の意向によってはない場合もある?

上記でもご紹介しましたように、
清めの塩はもともと神道において死は
けがれとみなされるために、
それを清めるために清めの塩を
使用するのですが、

仏教は死をけがれとして扱わないので、
清めの塩を必要としないとされています。
特に浄土真宗は死をけがれとして

扱うことに反対する立場を
とっているため、葬儀後も清めの塩は
配られなかったりします。

まとめ

4d308afd727758bdc613d93a3959a37b_m

神道では死をけがれとして扱うため、
葬儀後に身を清めるために清めの塩を
使用しますが、仏教では死をけがれ
として扱わないため
清めの塩を使用しない場合があります。

清めの塩は故人の霊を祓うのではなく、
人の死に際して寄り付いてきた邪気を
祓うために行うので、お亡くなりに
なった方を冒涜するわけでは
ありません。

どうしても、気になる方は、自分の
信仰する宗教のやり方に合わせて
清めの塩を使用するかしないか
判断するようにしましょうね。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】

タイトルとURLをコピーしました