お葬式で飾る花の順番は?親族間でも優先順位がある!

急な不幸から始まるお葬式。

イメージはあっても、実際のことと
なると、一体何をすればいいのか
分からない…。
と、不安になってしまいますよね。

それが普通です!
でも安心して下さい!
最近では葬儀社のサービスは
昔に比べるとかなり
質が上がっているのを知っていますか?

面倒な手続きや、
準備等はほとんど行ってくれるため
大変便利になっているのですよ♪

それじゃぁ…なにもしなくて良いの?
と思ってしまいがちですが、
そこは残念!
そういう訳ではないのですよ~。

やっぱり親族として、
葬儀屋のサポートをする。
という事はしなくてはいけません。
そのしなければいけないことの、
一つが花の順番の指示です。

花?
順番の指示?
そんなこと分からない!!
そういったアナタのために、
急な不幸があっても慌てない!
お花のルールをご紹介致します。

Sponsored Links


葬式でのお悔やみの花を飾る順番! そのルールは?

おじいちゃん

冒頭でも少しお話しましたが、
お葬式の準備等は全て葬儀社が
行ってくれちゃいます。
ただでさえお葬式というのは、
慌ただしいもの。
そこはお任せすることをオススメします。

しかし、実は!
葬儀社でも分からないことも
あるのです…。
それが、『お悔やみの花を飾る順番』
お花自体は葬儀社が用意するのですが、
それに付ける札の順番を
必ず聞かれます。

それを指示するのが、親族の仕事!
では、どういった順番にすれば良いのかと言うと?
それは、祭壇に向かって、
右側から地位の高い方順(社長や上司)に飾るのです。

ん…?イマイチ分からないぞ?といった方にも
分かりやすくルールを説明すると、
祭壇を中心に右→左と交互に偉い人順に並べると間違いがありません♪
(何で右なの?と言うと、
右は上手だからですよ。)

中には一対(花が2個あること。2個で1つの扱いをします)
お供えされる方も珍しくはありません。
どちらかと言うと、
会社関係はこの方が多いと思いますよ。

その際は祭壇を挟むように
左右に飾るといいでしょう♪
ただ、多いのがこのパターンです。

そんなこと分からない!
お父さん生前に仕事のことや、
友人関係等話さない人だったから…。
そういって困ってしまう人は多いです!

でも、大丈夫ですよ。
仕事関係であれば名前の横に
その方がどういった地位の方なのか。
ということが記載されているので
(○○会社代表取締役○○というように)
そこを参考に順番を
決めちゃいましょう。

勿論、ただ並べれば良い。
ではバランスがオカシイ、
なんか位置が変…。という事も!
見た目も考えながら、美しく見えるようにするのも
貴女の腕の見せどころですよ。
悩んだ時は、
葬儀社のアドバイスを聞くのも手ですよ♪

親族間でも優先順位

家族

親族間の優先順位というのは、
故人から見て、血の濃い順番のことをいいます。
お葬式において、この優先順位は
お供えの花を飾る際にとっても重要!

若い方は、そんなもの気持ちでしょ?
適当で良いよ!
そういう方も多くいます。

しかし、年長者の方々からすれば、
その順番は自分の地位を表している!
と、重要視する方も多いのです。

昔私が経験したお話なのですが、
若い喪主様(お葬式の幹事となる方)が
名前の順で良いよ~。
と言うので、その通りに並べたところ、
故人のお父様が最後の方になり、
怒って帰ってしまった!!
という事もありました。

そうなっては大変!
そうならない為に、
次は親族間での優先順位の
ルールをお話しましょう。
まず、親族間では先程もお話しましたが、
血の濃い順に祭壇を挟み、右→左と順に並べていきます。
要は、サイドに喪主から始まり
その右に故人の子や親からスタートし、
左右交互に兄弟、姉妹→祖父母→叔父、叔母→従兄弟…
と血の濃い順に飾るのが一般的ですね。

でも、血の濃い順と言われてもよく分からない…。
そんな時は、年長者の方に相談することをオススメします。
お葬式=喪主が一人で全てをしなければいけない。
ということはないんですよ~。
親戚間で協力することで、
更に良いお式となるかもしれませんよ♪

祖父、祖母への孫一同からの連名の花は?

孫

では、今度は同じ立ち位置である
孫の場合はどうだと思いますか?
大体、孫は皆祖父祖母からすれば
可愛い孫!
順番なんて付けられません。

そんな場合は、年齢順に並べるのが
無難です。
いくら同じ立ち位置だとしても、
1歳の孫の名前が20歳の孫よりも先に来る。
というのは、20歳側からすれば
少し複雑ですよね。

その為、年長者から右に順に
名前を書くと間違いはありませんよ♪

お葬式の花を持ち帰るべき? マナー違反? その考え方とは

花束

昔はお葬式の花といえば、菊と言われていましたよね。
しかし!近年の祭壇は
バラやガーベラ等を
使用してとても華やかなのですよ~。
そうなると、葬式が終わってそのまま捨てる。
というのも、
折角お金を払っているし
勿体無い気がする…。
という人も結構います。

しかし、マナーとしてはどうなのか?
それは、一概にはこう!とは言えませんが、

一般的にはどちらでも良い♪
とされています。

何故良いと言い切れないのか?と言いますと…
地域によって風習や考えが違うからです。
場所によっては、葬式の花には厄を吸う効果があるため、
持ち帰ってしまうと家に厄を招き入れる事になる。
縁起が悪い。死者に手向けた花を持ち帰るなんて失礼。
と考えられている地域もあります。

しかし、逆に仏様に手向けた花は、
縁起がいい。
長生きされた方に手向けた花を飾ると、
長生きが出来る。
など、縁起物として持ち帰る
という地域もあるんですよね。
勿論、そんな考えは知らないけれども、
自分で買った花なのだから
持ち帰るのは当然。
と持ち帰られる方もいらっしゃいますよ。

以上、お葬式で飾る花の順番、
マナーについてご説明致しましたが、
いかがでしたでしょうか?

花なんて飾れば良いのでは?
そう思ってしまいますが、
送られた花の一つ一つは故人に贈る
その方からの最後の贈り物です。

ただの花に見えても多くの感謝や、
思い出の気持ちが込められているのです。
その気持ちを、少しでも輝かせられるように。

上手に飾ってあげて下さいね。

お葬式のマナーで一番悩まれる、
焼香について学べる動画もご用意しました!
よかったらご覧下さい。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】
mame

秘書の学校を卒業し
葬儀社で働いた経験を元に
今は主婦業の傍ら、少しでも皆さんの知らないお葬式の情報をご紹介できればと
記事を作成させています。
こんなこと知らなかった!読んで良かった!そう思って頂けるような情報を提供できるよう頑張りますのでお読み頂ければ幸いです!

mameをフォローする
お花
Sponsored Links


NEVER ENDING物語
タイトルとURLをコピーしました