葬式で着るスーツ!ストライプ柄やグレーの色はマナー違反?

お葬式に参列する際に男性が着用するのは、
主に準礼装であるブラックスーツですが、
ストライプ柄やグレーの色のスーツでも
対応可能なのかは気になるところですよね。
そこで、ここでは

  • お葬式に参列する際のスーツのマナーについて
  • お葬式に着用するスーツのボタンの留め方やポケットのマナー

について解説させて頂きます。
男性が葬儀に参列する際の服装マナー
ついて詳しく知っておきたい方は、ぜひ、
以下の記事をご覧になってくださいね。

Sponsored Links

葬式に参列する時の服装!スーツのマナーまとめ

bbb2e6e740bbaa751cbf00d464e47064_m

男性が葬儀に参列する際に、
着用する服装は、一般的には準礼装
であるブラックスーツですが、

そのブラックスーツなどの礼服は
普通のスーツとどう違うのか、
また、ストライプ柄やグレー・紺
などの色のスーツは葬儀の際に
着用してOKなのかNGなのかなど

葬儀参列する際に着用する
スーツのマナーについて
以下にご紹介させて頂きますね。

礼服と普通のスーツはどう違うの?

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_m

一般的に着用するビジネススーツと
フォーマルな場所で着用する
礼服では同じ黒色であっても
素材や色味が異なります

一般的にフォーマルな場所で着用される
礼服は黒色でも深みのある黒で、素材は
高価なウールなどで作られています。

一方、ビジネスシーンでも着用できる
黒色のスーツは少し白っぽさのある
黒色で、素材もポリエステルの
混合の場合が多いです。

素材や色味だけでなく、布の編地も
礼服のほうが網目を感じさせない
滑らかな仕上がりになっていますので、

一見すると礼服であることが
はっきりとわかる仕上がりに
なっています。

Sponsored Links

ストライプ柄やグレー・紺などの色はNG?

d32a4e51b868e5b45368cae875d2f6ae_m

遺族側でなく会葬者として
お通夜に参列する際は、黒や濃紺、
ダークグレー、また、目立たない

ようであればそれらの地味な色味に
ストライプが入っていても
着用して参列しても問題ありません。

ですが、葬儀に参列する際には
これらのスーツはNGなので、
必ず準礼装であるブラックスーツを
着用して参列するようにしましょうね。

ダブルやベスト付きのスリーピースはダメ?

62c42fa77d0c99bebc6b19f0b6747738_m

葬儀に参列する際のブラックスーツ
ダブルであってもシングルであっても
マナー的にOKです。

ベスト付きのスリーピースを
着用するときは、ベストも含めた
スリーピースすべてを黒色で
統一するようにしましょう

インナーはどうする?シャツは白シャツ限定?

bd54f4e25a9cde2a34e979eef47ce27f_m

男性が葬儀に参列する際に着用する
準礼装であるブラックスーツの下に
着用するシャツ必ず白無地の
カッターシャツを着用するように
しましょう。

いくら薄い色味であってもピンクや
スカイブルーストライプ柄の
シャツは着用NGです。
もちろん白の折柄のストライプ
シャツも着用NGです。

同じ白シャツであっても
ボタンダウンシャツやワイドカラー
など襟元に特徴のあるシャツ

カジュアルシャツとみなされますので、
葬儀などのフォーマルな場所においては
着用NGとなっています。

Sponsored Links

知ってた!?ボタンの留め方やポケットにもマナーがあった!

日本における黒の略礼服である
ブラックスーツはモーニングを
基に作られていますので、
シングルスーツの正式な形は
一つ拝みボタンです。

ただし、最近では簡略化が進んでおり、
進み二つボタンや三つボタンの
黒の略礼服もありますので、
一つボタンでなくてもマナー的に
失礼にはあたりません

ただし、これらのスーツを着用する
場合、飾りボタンである一番下の
ボタンは留めること基本

想定されていませんので、
葬儀の時には一般的に一番下の
飾りボタンは留めません。

モッズスーツは一番下までの
ボタンを留めますが、
モッズスーツはフォーマルスーツ
としては使用できませんので、
注意しましょう。

また、日本の葬儀に参列する際の
マナーとして、ポケットには
ポケットチーフをささない
葬儀に参列するようにしましょうね。

youtubeで葬儀・告別式における
服装マナーを紹介している動画を
見つけました。
いざというときのために、ぜひ、
ご覧になっておいてくださいね。

まとめ

3fe201d3726447985f6311813a672f0c_m

葬儀に参列する際の男性の服装は、
一般的に準礼装であるブラックスーツ
を着用するのがマナーです。

お通夜に参列する場合は、黒や濃紺、
グレーなどの地味な色味のスーツ
であれば目立たないくらいの

ストライプが入っていても参列OKですが、
葬儀の際には準礼装のブラックスーツ
でないとマナー的にNGです。

スーツの下に着用するシャツも白無地の
カッターシャツでないとマナー的に
NGなので注意しましょう。

さらに、準礼装のブラックスーツの
シングルスーツの進み二つボタンや
三つボタンの一番下のボタンは

基本的に飾りボタンなので、
葬儀に参列する際には留めない
ようにしましょうね。

Sponsored Links



低価格&定額のお葬式を探している人必見!

お墓探しをしようと思い立っても

お葬式の全国総額平均122万円ですが
実は、こんな高額な金額をかけなくても
14万円〜でもお葬式はできるんです。

なぜこんな高額な請求に
なってしまうかというと、

・親の急死で急いでいた
・お葬式の知識がなかった
・どうやって決めていくか知らなかった

など、お葬式の知識がないために
必要以上に大きな規模を勧誘されたり
物品に高額な値段がつけやすいのが現状です。

そんな時は、 『小さなお葬式』はオススメです。

『小さなお葬式』が人気な理由とは

・WEBサービスの中で、依頼件数は
 No1.の実績で信頼できる
・全国に3,000以上の提携式場から選べる
・お客様の93.4%が満足しているので期待ができる
・追加料金不要の定額プランなので安心
・24時間365日対応の電話相談があるので安心

などお葬式が分からない方でも
早朝・深夜に関わらず
気軽に電話相談できるのは安心です。

また、メディアでも取り上げられるほど
価格とプラン内容の見直しにより
低価格が実現できているので
価格に納得して依頼ができます。

⇒小さなお葬式のカンタン資料請求をしてみる