キリスト教の葬式!お悔やみの言葉マナー!他とは違うの?

church-498525_640

お葬式と言うと、
『この度は、ご愁傷様です。』
『ご冥福をお祈り致します。』
とお悔やみの言葉は言う!

ということは、何となくでも
皆さんご存知でしょうか?

しかし、これは仏教のお葬式では
一般的ですが、キリスト教の場合も
これでいいのか?

イメージとしては、何か違う気がする…?
そう思う方も、多いはず!

ご冥福=成仏を祈るですが、
キリスト教では
『成仏する』という概念がありません!

では何と言えばいいのか?
今回はご紹介致します♪

Sponsored Links

キリスト教のお悔やみの言葉とは?

bible-706643_640

文頭でも少しお話しましたが、
仏教の際のお悔やみの言葉は

『ご愁傷様でした。』
『お悔やみ申し上げます。』
『ご冥福をお祈り申し上げます。』
これらが代表ですね♪

では、キリスト教の場合は何と言うのか?
と、言いますと実は!

キリスト教ではお悔やみの言葉が
無いのです!!

どういうことか!?
ご説明しますと、キリスト教の考えは
死は永遠の命の始まりであり、
死は不幸なことでは無いのです!!

死=地上の罪を許され
神様のもとに行ける。祝福すべきこと。

という考えなので、残念でしたね。
ご愁傷様です。
と言ってしまうのは違うのです。

では、何と親族に声をかければ良いのか?

何と挨拶すれば良いのか?

そういった場合は
『お知らせ頂き有難うございます。』
『安らかなる眠りをお祈り致します。』
と言うようにしましょう♪

キリスト経と仏教の違い

church-470632_640

今までのお話の中でも少し、違いを
お話しましたが分かりやすくしますと、
下記のようになります♪

Sponsored Links

仏教の死に対する考え
・死後の世界は無いと考えられている。

・輪廻転生

(死んだら何かに生まれ変わり、
再び帰って来る。)

・四十九日というのは、
次に何に生まれ変わるのかを
決める期間。

・生きることは修行であり、
『悟りを得たもの』
(物事の心理を理解し、洞察したもの)
が輪廻の業から
脱却することが出来る。と考えられている。

・死者に手を合わせ、冥福を祈る

 

キリスト教の考え
・死は全ての終わりでは無く
神のもとに行くための入口 ・死は天に居る神から
地上での罪を許してもらい
永遠の安息を与えられること。・最後の審判を受け、
復活の日まで天国で過ごす。
と考えられている。

・手を合わせたり、礼拝、はしない。
手を合わせるのは神にだけ。

 

キリスト教(カトリック)の考え
・死は人間が犯した罪に対する
刑罰と考えている。 ・死後は『天国』『地獄』『辺獄』
『幼児の辺獄』『煉獄』の
5つの場所へ行く
と考えられている。

キリスト教のお供えは?

imgstyle.info_1554C

キリスト今日の場合、お供えに関しても
仏教とは考えが違うため、
注意が必要です。

通常、仏教のお葬式では『お香典』を
包むのがマナーではあります。

この、お香典というのは、
昔はお金でなく高級と言われていた
『お線香』を包み、渡していた。
という事から来ています。

しかし、キリストでは『お線香』は必要
ないため、香典袋の表書きは『御花料』

カトリックの場合は
『御花料』『御ミサ料』『御霊前』
書きましょう!

キリストというのはわかるけど、
どちらか分からない…。
という場合は『御花料』と書いておくと
安全ですよ♪

お供えするお花も、仏教では『菊』を
連想しますが、キリスト教の場合は
『ユリ』を用いられます。

(ユリはマリア様の花と言われています。
カトリックでもプロテスタンでも使用できます)

お花に関しては、
カトリックかプロテスタンかによって
違いもあるので、注文の際に相談
してみることをオススメします!

Sponsored Links

献花って何?やり方は?

キリスト教のお式では、焼香では
無く、献花を行います。

献花というのは、文字のとおり
お花を捧げることを言います。

献花の仕方
①信者の場合は十字を切ります。
信者でない場合は一礼 ②花が右に来るように持ちます③一礼し献花台に進む④時計回りに花の頭が自分側に
来るように90度回します。

⑤両手で捧げます

⑥遺影に一礼し
遺族、神父に一礼して戻る

献花のやり方はこちらの
動画を参考にどうぞ♪

以上、キリスト教のお葬式に
ついてご紹介致しましたが
如何でしたでしょうか?

宗派ごとに『死』に関する
考え方や、作法が異なり面白いですね♪

しかし中には、自分の宗派の
考えを押し付ける方もいます。

宗派というのは、その方の生き方で
信じるものです。

お葬式に行く側は、あくまでその方の
生き様を見にお葬式に行っているので、
決して宗派を侮辱することだけは
しないで頂きたく思います。

宗派のことを知らない。
作法を知らない。そういった際は
葬儀スタッフに聞くとちゃんと
教えてくれるはずです。

分からないから、自分の宗派を通す!
というのは控えて下さいね♪

Sponsored Links



低価格&定額のお葬式を探している人必見!

お墓探しをしようと思い立っても

お葬式の全国総額平均122万円ですが
実は、こんな高額な金額をかけなくても
14万円〜でもお葬式はできるんです。

なぜこんな高額な請求に
なってしまうかというと、

・親の急死で急いでいた
・お葬式の知識がなかった
・どうやって決めていくか知らなかった

など、お葬式の知識がないために
必要以上に大きな規模を勧誘されたり
物品に高額な値段がつけやすいのが現状です。

そんな時は、 『小さなお葬式』はオススメです。

『小さなお葬式』が人気な理由とは

・WEBサービスの中で、依頼件数は
 No1.の実績で信頼できる
・全国に3,000以上の提携式場から選べる
・お客様の93.4%が満足しているので期待ができる
・追加料金不要の定額プランなので安心
・24時間365日対応の電話相談があるので安心

などお葬式が分からない方でも
早朝・深夜に関わらず
気軽に電話相談できるのは安心です。

また、メディアでも取り上げられるほど
価格とプラン内容の見直しにより
低価格が実現できているので
価格に納得して依頼ができます。

⇒小さなお葬式のカンタン資料請求をしてみる