葬式で会社を休む時の報告の言い方は?メール連絡でもいい?

身内が逝去した場合、葬儀の日が会社に
行かなくてはいけない日だと、
葬儀に参列しなければいけないので、
お休みする旨を会社へ連絡しなくては
いけなくなりますよね。

でも、仕事が忙しかったりすると
忌引きとはいえなかなか
お休みすることを言い出せなかったり
するのではないでしょうか。
そこで、ここでは

  • お葬式で会社をお休みしたいときの正しい報告の仕方とは
  • 忌引きのシステムと忌引きの際休暇はどれくらいもらえるのか

について解説させて頂きたいと思います。
もし、葬儀で会社をお休みしなければ
いけなくなった時は、会社にどのように
報告すればよいのかなど、

忌引きのシステムについて詳しく
お知りになりたい方は、ぜひ、以下の
記事をご覧になってくださいね。

Sponsored Links


葬式で会社を休みたい!正しい報告のしかたは?

96fd1b6aa5b5d7911e930cc6f1dc0fc5_m

身内が逝去した場合、葬儀に
参列するために、お葬式が会社の
お休みの日でない場合は、会社のほうに
その旨を報告してお休みを頂かなくては
いけなくなります。

その際の正しい報告の仕方などを以下に
ご紹介させていただきたいと思います。

会社への言い方を文例で紹介!

身内がなくなったとき、葬儀に
参列するためにお休みする場合は、
まず、直属の上司に連絡しなくては
いけません。

その後人事・総務部に連絡する
ことになります。
その際、会社への言い方の文例
以下の通りです。

○月○日に○○(祖父母、父母など)が
亡くなりました。
○月○日がお通夜で○月○日が
葬儀ですので、申し訳ありませんが、
忌引きさせてください。

上記のような言葉でお休みさせて
頂く旨をお願いします。
会社によっては、葬儀の案内や、

亡くなった方の死亡診断書の写し
などの書類の提出が必要になる
場合がありますので、人事・総務部
のほうに確認しておきましょう。

Sponsored Links

同僚から上司に伝えてもらってもいい?

02725265ba1261c77db3d64cb93599c9_m

忌引きでお休みすることは、できるだけ
自分自身上司に伝えなくてはいけません。
上司が外出中であっても、同僚に
伝言してもらうように依頼するのではなく、
電話で上司に直接連絡をしましょう。

上司が出張で長期間会社に戻らないときは、
電話で上司にお伝えするとともに、
人事・総務部などの担当部署に忌引きで
お休みする旨を直接連絡しておきましょう。 

メールでの連絡はあり?

5f39b60925859ca1164ca247c9188b27_m

会社によっては忌引きの連絡をメールで
済ませてもよい場合もあるかも
しれませんが、忌引きの連絡
できるだけ、直接自分の言葉で
伝えるようにしましょう

身内が亡くなったのが、退社後の場合は、
翌朝一番に電話で会社の上司
人事・総務部忌引きで欠席する旨と
お通夜葬儀の日程を伝えましょう

家族が危篤状態の場合は、会社に事前に
そのことを伝えておくとよいかも
しれませんね。

忌引きってどんなシステム?休暇は何日もらえるの?

4e01b6a8a7a85a0c3ed019420f0b5f04_m

忌引きとは、勤務先に出勤できる
能力や意思があるのに、身内が逝去し、
お通夜や葬儀に参列するためや
喪にふくすなどの理由で会社などを
お休みすることです。

忌引き休暇というのは、法律で
決められた休暇ではなく、あくまでも
会社の就業規定で定められている
福利厚生です。

そのため、忌引き休暇の日数は
各勤務先の規定によって異なりますが、
一般的な忌引き休暇の日数は、下記の通りです。

  • 配偶者が逝去した場合が10日
  • 父母が逝去した場合が7日(自身が喪主の場合は10日)
  • 子供が逝去した場合は5日
  • 兄弟姉妹祖父母が逝去した場合は3日
  • 叔父・叔母が逝去した場合は1日
Sponsored Links

親だけでなく叔父や叔母でも休める?

上記でご紹介しましたように、
忌引き休暇でお休みできる日数
勤務先の就業規定により
まちまちなのですが、

一般的には叔父や叔母が逝去した場合
1日だけ忌引き休暇がとれるようです。

証明書の提出が必要?嘘で忌引きを取ることは可能?

28e0afc88f0563dc643d99551b5971e3_m

こちらも勤務する会社の就業規定によって
異なるのですが、忌引きで勤務先を
お休みする場合は、上記ですでに
ご紹介しているように、

葬儀の案内死亡証明書の写しなどの
証明する書類を提出する必要がある
場合がありますので、

忌引きの際に証明書を提出する必要が
ある場合は、嘘の忌引きを申請して
お休みすることは難しいと思います。

嘘の忌引きの申請などを行いで勤務先を
懲戒処分された人について報道している
ニュース動画をyoutubeで見つけました。
このようなことにならないためにも、
ぜひ、見ておいてくださいね。

まとめ

9b61470752a538639f315f0fa3419843_m

身内が逝去し、お通夜や葬儀に
出席するためにお休みする場合は、
直属の上司や人事・総務部に誰が逝去し、

お通夜や葬儀がいつ執り行われるのかを
報告し、忌引きでお休みする旨を
連絡します。

忌引きは法律で定められた休暇ではなく、
会社の就業規定で定められている
福利厚生です。

ですから、忌引きの申請をする場合、
葬儀の案内や逝去した身内の
死亡証明書の写しなど証明書の提出
しなくてはいけない場合がありますので、

嘘の忌引きでおやすみすることが
不可能な場合がありますので、
注意しましょうね。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】