葬式の写真撮影はマナー違反!?集合写真を撮るってホント?

お葬式で写真撮影をしている人を
見かけたことはありませんか?

葬儀会場の様子や参列者、装飾に至るまで、

人によっては、亡くなった故人のご遺体
記念撮影する人までいるんだとか!

大好きだったおじいちゃんやおばあちゃんと
最後に記念撮影を…。

そんな気持ちもわからなくはないですが、

これって
マナー違反にならないんでしょうか?

Sponsored Links

葬式の参列者が写真撮影をするのはマナー違反?

葬儀会場で写真撮影をするのは
マナー違反なんでしょうか??

  • 葬儀場の風景や人の撮影
  • ご遺体の撮影

など、状況別に見て参りましょう!

葬儀場の風景や人の撮影は?

2016y04m12d_171943621

葬儀場の風景や人を撮影するのはマナー違反
なんでしょうか?

会場の風景や人物を撮影する理由としては

  • どんな花が送られてきたのか?
  • 会場の装飾はどんな感じだったか?
  • 誰が来てくれたのか?

など、あとあとの参考になるからと
撮影する事もありますし、その写真を見て
思い出話に花を咲かせる事もあるでしょう。

人によっては葬儀会場で写真を撮影すること
自体に違和感を覚えて、不快感を示すことも
あるようですが、人それぞれの考え方や
思いがあるのでそこは、

「マナー違反だ!」

と決めつけてしまうことは無いように
したいものですね。

Sponsored Links

最期の別れだし・・・ご遺体の撮影は?

2016y04m12d_172159996

「故人と最後のお別れに記念撮影を…」

これはどうでしょうか?

ご遺体との撮影に関してはマナーというより
自分だったらどうか?
という事を考えてみるといいでしょう。

自分の知らないところで自分の知らない
写真を撮られるのって嫌な人が多いと
思います。

例をあげるなら「寝顔」ならどうでしょう?

自分が良いも悪いも言えない状態で、寝て
いる間に勝手に撮影されてしまうわけです。

「全然気にしないけど?」
という人もいると思いますので一概に
いい、悪いは判断できませんが、

葬儀会場であれば他の親族の目もあるので
おおっぴらな写真撮影は控えた方が
無難かもしれませんね。

ただマナー違反というわけではないので

「大好きだった家族と最後のお別れに
写真を残しておきたい」

そんな気持ちでご遺体の撮影をすることは
あると思います。

ご遺体の写真撮影に関するこちらの動画が
とてもわかりやすいので参考にしてください。

葬式で集合写真を撮影するケースがあるってホント?

お葬式で集合写真の撮影…?

実はこれ地域によっては普通に行われて
いることなんですね。

ただ、お葬式で集合写真を撮影する
習慣がない人にとっては、

「なんて不謹慎な…!」

とびっくりすることもあるようですね。

私が住んでいる地域でも昔から親族一同での
集合写真撮影はありました。

さすがに
「ハイピース!(死語?)」
とはなりませんが、
なかなか親族が一堂に会する事ってないので
こういう時に集合写真を撮影しよう
という事のようです。

合理的といえば合理的ですね。

写真以外にも葬儀で気をつけたいマナーに
関する記事はこちらをチェック!
→葬式の遺族が気をつけたい服装とは?マナーを踏まえて紹介!
→葬式での男性の髪型のセット方法!ワックスはマナー違反?

まとめ

お葬式での写真撮影についておはなし
しました。

お葬式で写真を撮ることに慣れていない
人にとっては、不謹慎に見えるかも
しれないし、マナー違反だと思うかも
しれませんが、それぞれに考えがあって
撮影しているものです。

価値観もいろいろあるのだという事を
覚えておきたいですね。

参考になれば幸いです。

Sponsored Links



低価格&定額のお葬式を探している人必見!

お墓探しをしようと思い立っても

お葬式の全国総額平均122万円ですが
実は、こんな高額な金額をかけなくても
14万円〜でもお葬式はできるんです。

なぜこんな高額な請求に
なってしまうかというと、

・親の急死で急いでいた
・お葬式の知識がなかった
・どうやって決めていくか知らなかった

など、お葬式の知識がないために
必要以上に大きな規模を勧誘されたり
物品に高額な値段がつけやすいのが現状です。

そんな時は、 『小さなお葬式』はオススメです。

『小さなお葬式』が人気な理由とは

・WEBサービスの中で、依頼件数は
 No1.の実績で信頼できる
・全国に3,000以上の提携式場から選べる
・お客様の93.4%が満足しているので期待ができる
・追加料金不要の定額プランなので安心
・24時間365日対応の電話相談があるので安心

などお葬式が分からない方でも
早朝・深夜に関わらず
気軽に電話相談できるのは安心です。

また、メディアでも取り上げられるほど
価格とプラン内容の見直しにより
低価格が実現できているので
価格に納得して依頼ができます。

⇒小さなお葬式のカンタン資料請求をしてみる