家の評価額(売値)を調べる5つの方法!

行政書士。相続(遺産分割協議書の作成)・各種契約・会社設立を専門に活動しています。プロの目線から、遺産についてわかりやすくご説明します(*^^*)

sweetflowerをフォローする

相続する、あるいは相続予定の家の評価額
気になりますよね。

評価額は売値や税金額にも影響するため、
ちゃんと知っておかなくては
安心して相続できません。

でも…家の価格には
いろいろな種類があるってご存知ですか?

  1. 固定資産評価額
  2. 実勢価格
  3. 相続税評価額
  4. 鑑定評価額
  5. 公示価格

ざっと挙げただけでも
この5つの価格があるんです(>_<)

どれがどういう意味なのか、
わからないですよね…。
(私は最初さっぱりでした!笑)

そこで今回は、

  • 家の評価額の調べ方
  • 固定資産評価額とは
  • 実勢価格とは
  • 相続税評価額とは
  • 鑑定評価額とは
  • 公示価格とは

を詳しくご説明します。

ややこしいですが、どの価格も
相続する上で大切な判断基準です。

一緒に勉強していきましょう♪

Sponsored Links


家の評価額の調べ方!

まずは家の評価額を調べ方です。

ずばり、
それぞれの評価額を公表しているところ
問い合わせるのが一番早いです!

5つの価格の公表主体を
まとめてみておきましょう。

公表主体公表時期問い合わせ費用
固定資産税評価額市町村3年ごと4月無料
実勢価格不動産会社など随時基本的に無料
相続税評価額国税庁毎年7月無料
鑑定評価額不動産鑑定士随時有料
公示地価国土交通省
都道府県
毎年3月
毎年9月
無料

1.固定資産税評価額を調べる

固定資産税評価額は
実は国税庁に問い合わせなくても
調べることができます。

固定資産税の納税通知書
書いてあるのです(*^^*)

納税通知書の見方は
この動画をご覧ください。

固定資産税評価額とは?

そもそも固定資産税評価額とは
固定資産税の基準となる価格のことです。

実際の価格とかい離しないよう
3年に一度評価しなおされます。

相続予定の土地の固定資産税評価額は
常にチェックしておきましょう。

2.実勢価格を調べる

実勢価格は不動産会社に聞けば
すぐ教えてもらえるのですが…

なんと会社によって違うという曲者!

実勢価格は不動産会社内部の価格のため、

  • 不動産会社が欲しい家=高値
  • 欲しくない家=安値

になるのです。

つまり全国の不動産会社に聞いてまわらないと
実勢価格の平均はわかりません…(~_~)

そこでおすすめなのがスマイスターです☆

  • ウェブ上で最短45秒で見積もり
  • 全国1000社以上に一斉問い合わせ

ができるため、
実勢価格の平均を簡単に知ることができます。

⇒スマイスターの査定ページはこちら

 

将来的に相続した家の売却を考えているなら、
スマイスターでの一括見積は必須です。

高値をつけた不動産屋と打ち合わせれば、
時間の節約&高値で売却ができ
一番お得です♡

実勢価格とは?

実勢価格とはいわゆる時価のことです。

再開発の予定や取引実績によって
常に変動しています。

売却価格は実勢価格によることが多いため、
こちらも要チェックですよ!

3.相続税評価額を調べる

相続税評価額を調べるには、
国税庁に問い合わせるのがおすすめです。

毎年7月に公表されるため、
常にチェックしておきましょう。

相続税評価額とは?

相続税評価額とは
相続税を算出する基準となる価格です。

いざ相続のときに驚かないように、
路線ごとに評価額を毎年公表しているのです。

ただ、あくまでも概算のため
実際の相続税額とは異なる場合があります。

注意してくださいね。

4.鑑定評価額を調べる

鑑定評価額を知りたいときには
不動産鑑定士に依頼して
算出してもらいましょう。

不動産鑑定士の報酬は
家の価格によって異なりますが、
20~50万円が相場といわれています。

鑑定評価額とは?

鑑定評価額とは
不動産鑑定士が算出した価格です。

不動産鑑定士は国家資格で、
日本で唯一
業として不動産の鑑定を許された専門家。

報酬は高いですが、
公示価格など公的な家の価格を参考に
財産としての価値など専門知識を用いて
正確な不動産の価値を鑑定してくれます。

5.公示価格を調べる

公示価格は国土交通省のホームページ
調べることができます。

毎年公表され、
経済状況や開発予定などで
大きく変動することもあります。

公示価格とは?

公示価格は国土交通省と都道府県が
毎年公表する土地の価格のことです。

よくニュースで
「日本でもっとも高い土地が銀座の…」
「土地の価格が公示され、
全国的に値上がりました」
など聞きますよね?

アレです。
家というよりは土地そのものの価値ですね。

家は築年数が経つと価値が下がりますが、
土地はさまざなな事情によって
価格が変動します。

家とともに土地を相続する場合も多いため、
土地の価格も忘れずに要チェックです。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

家の評価額には

  • 固定資産評価額
  • 実勢価格
  • 相続税評価額
  • 鑑定評価額
  • 公示価格

という5種類あります。

それぞれ公表主体が異なり、
微妙に価格も違います。

固定資産税は納税通知書で、
鑑定評価額は不動産鑑定士に依頼して、
その他は各主体に問い合わせれば
正確なものを知ることができますよ。

売却予定の場合、スマイスターで
複数不動産屋の見積もりをとりましょう。

もっとも高値の業者と打ち合わせるのが
高く売るコツです(*^^*)



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】