農地を売りたい!売買の価格を高める方法

農地を売りたい!とお思いの方、
結構多いと思います。

特に、昔は農業地帯だったけれど
最近宅地の需要が高くなっている地域では
「農地を売ってお金にしたいな」
「管理大変だから農地手放したいな」
「農地を宅地に転用して家を建てたい!」
という声をよく聞きます。

ただ…農地って
そう簡単に売れないし
勝手に転用してはいけないんです(>_<)

農地を売却したり宅地にするには
自治体の許可が必要で、
許可をもらえる場合はかなり限られています。

「オレの土地なのに
なんでオレの自由にできないんだ!!」
と思うと思いますが、
これは国土の狭い日本が食料を確保するために
法律で決まっていることなのです(>_<)

 

でも!
まったく売れないわけではありません。

国が定めた条件をクリアした上で
面倒な手続きをきちんと踏めば、
農地を売却したり家を建てたりできます◎

今回は、

  • 農地は売れないって本当?
  • 農地の売買価格を高める方法
  • 宅地に転用できる条件
  • 農地斡旋

についてご説明します。

農地に関する手続きはかなり複雑なため、
専門業者に依頼するのがベストです。

おすすめの専門業者もご紹介します♪

Sponsored Links

農地は売れないって本当?

そもそも、
農地は売れないって本当なのでしょうか?

普通の感覚でいうと
所有者なのに売れないなんておかしいですし、
新規農業希望者なら買ってくれそうですよね。

農地が売れない理由は、大きく次の2つです。

  • 基本的に農地は
    農家と農業関係者にしか売れない
  • 宅地などにできないと
    法律で決まっている場合がある

農地を買うことができるのは
ある程度の作付面積を持つ農家などのみ
という法律の定めがあるため、
買い手がかなり制限されてしまいます。

また、食料を確保するために
「ここは絶対に農地のままにしとく!」
と国が定めている場合があり、
そのような農地は宅地にできないため
おのずと欲しい人が少なくなります。

農地は他の土地に比べて買い手が付きにくく、
売却が難しいのです。

Sponsored Links

農地の売買価格を高める方法とは?

運よく国の制限を免れて
売却や宅地への転用が許可された場合でも、
農地のままでは高く売れません。

農地を売るなら、
宅地に転用してからがおすすめです◎

宅地に転用

宅地転用とは、
農地を住宅用地に変えることです。

宅地に転用できる条件とは?

農地を宅地に転用できる条件は
面積や土地のある地域によって異なるため
一概には言えません。

一般的には、

  1. 農用地区域内または集団的農地内以外にあるもの
  2. 資力及び信用がある
  3. 申請地に係る権利者の者の同意があるか
  4. 申請に係る用途に供することが確実と認められる
  5. 周辺農地に係る営農条件に支障が生じない
  6. 一時的な利用の農地転用後に、その農地が復元可能

6つの条件をクリアすれば、
宅地転用ができる可能性が高いです。

宅地に転用するための手続きとは?

宅地に転用するには、

  1. 農業委員会に申請書を提出
  2. 農業委員会が自治体の長に
    許可・不許可の意見を通知
  3. 自治体の長が転用を許可する
  4. 申請者に許可証が届く

という4ステップが必要です。
(30アール以上の農地は
もう少しややこしい手続きが必要です)

申請書には図面や同意書など
さまざまな書類を添付しなくてはならず、
個人でやるのはとても大変です(>_<)

たいていの行政書士は
農地転用手続きの経験があるため、
一度相談してみてくださいね。

農地に家を建てたい!なんていう
難しい希望でも、専門家を頼れば
なんとかできる場合もありますよ。

農地斡旋

「面倒な手続きはしたくないが
農地の管理ももうイヤだ!」
という方におすすめなのが農地斡旋です。

農地斡旋とは賃貸と同じで、
農地を農業をしたい人に貸すのです。

家を建てることはできませんが、
農地斡旋なら農家以外の人にも
農地を使ってもらうことができるため、
賃貸料の収益を得ることができます。

また、農地斡旋で収益のある農地なら
他の農家さんが欲しがる場合もあり、
より高い価格で売却できる可能性もあります。

仲介業者に依頼

農地の売却も斡旋も、
買い手・借り手となる母体数が
他の土地に比べて少ないのが現状です。

そのため、個人で一生懸命探しても
なかなか相手が見つかりません(>_<)

その上手続きも面倒ですから、
自分であれこれするのは大変です!

専門業者に依頼して、
まるっと丸投げしてしまいましょう。

農地の買い手を探したいなら、
スマイスターがおすすめです。

スマイスターなら
ウェブ上で住所などを打ち込むだけで、

  • 最短45秒で見積もり
  • 全国1000以上の業者の見積もりを
    一括でゲット

できちゃうんです!

⇒スマイスターの査定ページはこちら

農地の売却や斡旋に強い不動産屋を
ひとりで探すのはなかなか難しいです。

スマイスターで全国の不動産屋を一度にあたり、
農地が得意な業者をみつけるのが
高値売却への近道です(*^^*)

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

国土の狭い日本では、
実際に営農しない人や投資目的の人に
農地を所有されてしまうと
食料を確保できなくなってしまいます。

そのため農場用の土地を国が定めて
所有者が自由に売り買いしたり
宅地に転用したりできないように
法律で制限をかけており、
農地の売却・転用がしにくくなっています。

農地を売却したい場合は、

  • 農家や農業関係者の買い手を探す
  • 宅地に転用する
  • 農業斡旋を行う

を行わないと、
農地を売れない&高値で売れないという
悲しい事態を招いてしまうことも!

仲介業者などの専門家を挟んで、
よりよい条件での売却を目指しましょう◎

Sponsored Links



低価格&定額のお葬式を探している人必見!

お墓探しをしようと思い立っても

お葬式の全国総額平均122万円ですが
実は、こんな高額な金額をかけなくても
14万円〜でもお葬式はできるんです。

なぜこんな高額な請求に
なってしまうかというと、

・親の急死で急いでいた
・お葬式の知識がなかった
・どうやって決めていくか知らなかった

など、お葬式の知識がないために
必要以上に大きな規模を勧誘されたり
物品に高額な値段がつけやすいのが現状です。

そんな時は、 『小さなお葬式』はオススメです。

『小さなお葬式』が人気な理由とは

・WEBサービスの中で、依頼件数は
 No1.の実績で信頼できる
・全国に3,000以上の提携式場から選べる
・お客様の93.4%が満足しているので期待ができる
・追加料金不要の定額プランなので安心
・24時間365日対応の電話相談があるので安心

などお葬式が分からない方でも
早朝・深夜に関わらず
気軽に電話相談できるのは安心です。

また、メディアでも取り上げられるほど
価格とプラン内容の見直しにより
低価格が実現できているので
価格に納得して依頼ができます。

⇒小さなお葬式のカンタン資料請求をしてみる