喪中は飲み会に参加できない!?会社関係の誘いも断るべき?

編集部NEVERENDING物語
編集部NEVERENDING物語をフォローする

身内が逝去してから約1年間は
喪中期間とされております。

一般的にこの喪中期間には、
年賀状などの新年のあいさつを
控えたりするのですが、

会社関係の飲み会の誘いも
お断りしなくてはいけないのかについては、
サラリーマンの皆さんにとって
気になるポイントだと思います。

そこで、ここでは

  • 喪中に飲み会に
    参加してはいけないのか
  • 会社関係や大事な飲み会を断ると
    マナー違反になるの?

について解説させて頂きたいと思います。

喪中期間には
飲み会に参加してはいけないのか、
参加してもいい場合もあるのかについて
詳しくお知りになりたい方は、

ぜひ、以下の記事を
読んでみてくださいね、

Sponsored Links


喪中は飲み会に参加してはいけないってホント!?

7d093334b85fb75af23bc7f672428883_m

一般的に故人がお亡くなりになってから
約1年間が喪中期間とされており、

この喪中期間には
上記でもすでにご紹介しましたように
年賀状などの新年のあいさつを
控えなければいけません。

結婚式などのお祝い事に出席することも
喪中期間中は控えるべきであると
されていますが、

一般的に最大50日の忌中期間を過ぎ、
ご家族やご親戚と相談してOKであれば
お祝い事の席に出席しても
問題ないようです。

年賀状などの新年のご挨拶のように、
喪中期間中に
飲み会などの宴席に出席するのは
OKなのかNGなのかについて
以下に解説させて頂きたいと思います。

喪中の飲み会を控えなければいけない理由って?

108d45fbf4e906af4406af0fd56e5d2e_m

お住まいの地域によっては
喪中や忌中期間中は
お酒を飲んだり、
肉や魚は食べたりしないなどの習慣を
続けているところもあるようです。

このような地域では
喪中期間中の飲み会の参加は
マナー違反になるので、
できるだけ参加を控えたほうが
良いと思います。

そうでない地域は、
一般的に年賀状などの
新年のあいさつは控える、
正月飾りをしないなどの
喪中期間中の習慣は守りつつも

最大50日の忌中期間が過ぎたら
飲み会などのお付き合いについては、
従来通りに参加している方が多いようです。

Sponsored Links

喪中を理由に行かない場合の断り方は?

186020ae34c9fd5208234b5e25e34c52_m

上記でご紹介しましたように、
お住まいの地域が喪中期間中は、

お酒を飲んだり
肉や魚を食べたりすることを
控える習慣がある場合や、
最大50日の
忌中期間中であるなどの理由で
飲み会に行かない場合の断り方は、

「喪中なので参加を断ります」
という言い方ではなく、

「現在は気持ち的に
飲み会に参加するのが
難しいのだけれど、
どうしたらいいでしょうか」
相談する形にするのが良いと思います。

相手が理解のある方であれば、
飲み会を延期あるいは中止してくれたり、
参加しないことを認めてくれたり場合も
あります。

ただし、喪中というのは
あくまで個人の都合なので、

喪中を理由に
飲み会参加をお断りする場合は、
必ず一言主催者に
お詫びを入れておくようにしましょうね。

会社関係や大事な飲み会も断るの!?逆にマナー違反では?

35f29fdad0193278f740fb1566fd5316_m

一般的に喪中期間、
特に最大50日の忌中期間中には、

会社関係や
大事な取引先との飲み会であっても
控えるのがマナーなのですが、

上司に喪中であることを伝えていれば
喪中期間中は
社内で開催される飲み会は
参加を控えることを
了承してもらえると思います。

ただし、接待先との飲み会の場合など、
どうしても欠席できない場合
あると思います。

そんな時には、
とりあえず飲み会に参加し、
途中で退席するといったように
相手先の会社へ配慮した
参加方法をとるか、

できれば、勤務先の上司に
代役を立ててもらうように
お願いしましょうね。

 

Sponsored Links

 

実は、実際は普通に参加している人も多いみたい!

d1d6a3e13d9ed582c352774a145ba0dd_m

最大50日の忌中期間が過ぎれば
故人が逝去されてから
約1年間の喪中期間であっても、

飲み会に出席しても問題ないというのが
一般的な考え方とされていますので、

忌中期間が過ぎている方は、
喪中期間中であっても
普通に飲み会に
参加されていらっしゃる方は多いようです。

ただし、
上記でもご紹介しておりますように、
喪中期間中は、
お酒を飲んだり肉や魚を食べることを
控えたりする習慣がある地域も
ありますので、

そのような地域にお住まいの方の場合は、
忌が明けたからと言って
普通に飲み会に参加していると、
非常識だと思われる可能性がありますので、
注意しましょうね。

まとめ

d1a4352d8a657013c2b365f2c48302be_m

いかがでしたか?

一般的には最大50日の
忌中期間が過ぎれば

喪中期間であっても
飲み会に参加しても
問題ないようなのですが、

お住まいの地域によっては
約1年間の喪中期間中は

お酒を飲んだり、
肉や魚を食べたりしてはいけないという
習慣のところがありますので、

そんな習慣のある地域で
忌明けであっても喪中に飲み会に参加すると
周囲の人に非常識だと思われる
可能性があるので注意しましょうね。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】