相続争いで絶縁しないコツ!兄弟で知るべき5つのポイントとは?

兄弟が相続をめぐって大ゲンカ!

普通の兄弟ケンカなら
そのうち仲直りできるものですが、
相続争いはなかなかどうして
ながーーーく尾を引くもの。

骨肉の争いのはてに
『絶縁』
なんて兄弟もいるほどです。

これほど故人が悲しむことはありません。

そこで今回は
相続争いで絶縁しないための5つのポイント
をご紹介します。

兄弟でも大人になると
一緒にいる時間が減ってしまいますが、
小さい頃は一緒に遊んだりケンカしたり
仲が良い瞬間が必ずあったはず。

兄弟で力を合わせれば、
相続という大きな困難も
きっと上手く乗り切れますよ(*^^*)

Sponsored Links


兄弟で相続争いをしないための5つのポイント

兄弟同士の相続争いは
はたから見ても醜いもの。

故人だけでなく、故人の親類縁者まで
深く悲しませてしまいます。

なにより争う本人が一番傷つき、
一生のキズになります

そんな悲しい事態を避けるために、
次の5ポイントを兄弟で覚えておきましょう!

1.親の生前に決めておく

1つ目のポイントは、
親の生前に決めておく』です。

具体的には、親に有効な遺言書
残しておいてもらいましょう。

「有効な遺言書ってなんぞや?」
という話をすると長くなるので、
簡単にまとめておきますね。

≪有効な遺言書の種類と要件≫

要件
自筆証書遺言書面に

  • 遺言書の作成年月日
  • 遺言者の氏名
  • 遺言の内容
  • 署名

を自書して押印。

公正証書遺言公証人が聞き取って作成
秘密証書遺言
  • 遺言の内容
  • 署名

を書いて押印。

封筒に入れて封印を押し、
公証人に提出。

遺言書は故人の希望ですから、
遺言書があれば故人の気持ちにそった相続を
家族みんなで争いなくすることができます。

たとえ相続の取り分が
金銭的には平等でなかったとしても、
故人の気持ちなら納得できますからね(*^^*)

親の生前に決めておくメリット
  • 親の財産をすべて把握できる
  • 親の意思を反映した相続ができる
  • 家族みんな納得して相続分を決められる

2.法定相続人を確かめる

2つ目のポイントは、
法定相続人を確かめる』です。

法定相続人とは、
法律上相続人と定められている人

のことをいいます。

家族構成によって相続人は違いますが、
故人に子どもがいる場合は

  • 配偶者
  • 子ども
  • 孫(子どもが死亡している場合など)

が法定相続人です。簡単ですね♪

でも…いくつか問題になる場合があるので、
ざっとまとめておきますね。

 法定相続人がどうか備考
内縁の妻(夫)×「賃借権」のみ
相続可能
愛人×
認知された非嫡出子認知されていない子は
相続できない

つまり、

  • 婚姻届けを提出している配偶者
  • 子ども(嫡出子・非嫡出子)

人数と連絡先をきちんと確認しておけば、
「自分も法定相続人のハズなのに!!」
という人が現れるのを防ぐことができます。

法定相続人を確かめるメリット
  • 誰が相続人かを把握できる
  • 「法定相続人なのに相続できない人がいて
    相続のやり直し」という事態を防げる
  • 「自分だって法定相続人だ!」と
    後から金銭を求めてくる人を予防できる

3.法定相続人の分配比率を知っておく

3つ目のポイントは、
法定相続人の分配比率を知っておく』です。

現在の民法では
次のような法定相続分となっています。

 分配比率備考
配偶者1/2
子ども1/2×1/子どもの人数
子どもの相続額と同額子ども(孫の親)が
死亡している場合のみ

※子どもは嫡出子・非嫡出子ともに
同額の分配比率です。

この分配比率と相続人全員が知っていれば、
相続の話し合いがスムーズにすすみ
もめる可能性が低くなります。

法律で決まっている以上
争う余地もありませんからね(*^^*)

法定相続人の分配比率を知っておくメリット
  • もめる余地がなくなる
  • スムーズに相続がすすむ
Sponsored Links

4.遺産分割の方法を確認しておく

4つ目のポイントは、
遺産分割の方法を確認しておく』です。

法定相続分が決まっていても、
分けられる財産ばかりではない
ですよね。

法定相続分が100万円ずつの2人兄弟でも、
車を100万ずつに切り分けることはできません。

この場合

  • 車⇒兄
  • 現金100万円⇒妹

というように分けることになります。

法定相続分にのっとってどう財産を分けるのか
できるだけ早く具体的に確認しておきましょう。

 

遺産分割の方法を確認しておくメリット
  • 相続税の準備や心づもりができる
  • どの財産が欲しいかで争わなくてすむ

5.専門家に相談する

5つ目のポイントは、
専門家に相談する』です。

もめちゃう前に専門家をいれておくと、
相続争いを予防できますし
専門知識を教えてもらえるため
みんな納得して相続できます。

相続の専門家は

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 行政書士

ですが、それぞれの特徴があります。

メリットデメリット
弁護士・話し合いに参加し、
交渉してくれる。
・遺産分割協議書を作ってくれる
・高額
司法書士・土地と建物の登記を
してくれる
・土地と建物以外の
相続には不向き
行政書士・遺産分割協議書を
作ってくれる・安価
・交渉はできない
(法律的な質問に答えるのみ)

財産の額や種類によって、
3つの専門家を上手く使い分けてくださいね。

専門家に相談するメリット
  • もめる前に争いを予防できる
  • 法律知識を教えてもらえる
  • 面倒な手続きをやってもらえる
Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

兄弟で相続争いをしないためには、

  1. 親の生前に決めておく
  2. 法定相続人を確かめる
  3. 法定相続人の分配比率を知っておく
  4. 遺産分割の方法を確認しておく
  5. 専門家に相談する

5つのポイントが大切。

この5つを早めから具体的に話し合っておくと、
いざというときにもめなくて済みます。

相続の話しは少ししにくいですが、
兄弟仲を守るためにも
親の気持ちを知るためにも
できるだけ家族揃って元気なうちから
決めておくことが大切です(*’ω’*)

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる
相続



sweetflowerをフォローする
NEVER ENDING物語