仏壇のりんの作法!鳴らし方や回数の正しいマナーを解説

仏壇の前で手を合わせるときに
使用するのが、おりんですが、
このおりんは正式にはどのように、

また何回鳴らせばいいのかご存じない方も
多いのではないかと思います。
そこで、ここでは

  • お仏壇のおりんの鳴らし方など基本作法は?
  • お仏壇のおりんを鳴らす回数は何回?
  • おりんの掃除方法

について解説させて頂きたいと思います。
お仏壇のおりん作法や鳴らす回数、
意味についてお知りになりたい方は、
ぜひ、以下の記事をご覧になって
くださいね。

Sponsored Links


仏壇のりんの基本作法!鳴らし方の手順は?

01a186fd411554b5900c22873c7664e7_m

仏壇にお参りするときに使用する
おりんの叩き方は、上からたたく方法と
横からたたく方法があります。

どちらの叩き方をする時にもりん棒を
弾ませるようにたたくとよい音が響きます
りん棒を押し込むようにたたくと
良い音が響かないので注意しましょう。

あと、仏壇にはろうそく立てやお線香立て
などがおりんの周りにありますので、
おりんを横から叩くときには

このろうそく立てやお線香立てを
倒さないように、これらの
ろうそく立てやお線香立てを移動させて
からたたくようにしましょう

オススメのおりんの叩き方は、
上からおりんのふちをりん棒で
叩く方法です。

こうするとよい音も出ますし、
周りに立ててあるお線香立てや
ろうそく立てを倒すこともありません。

youtubeにておりんの鳴らし方を
詳しく解説している動画を見つけました。
実際におりんをどうならせばよいのか
映像で確認されたい方は、ぜひ、
ご覧になっておいてくださいね。

鳴らす回数は何回?

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_m

おりんこれからご供養します
という合図です。
おりんはお仏壇に手を合わせる前に
鳴らします。

このおりんを鳴らす回数には
特に決まりはありませんので、
鳴らす回数は1回でも2回でも
構いません。

Sponsored Links

りんにはどんな意味があるの?

37b4022aa275917352120dc63ae046f4_m

仏教では、仏さまやご先祖様は
天上におられると考えられています。
その天上におられる仏さまや

ご先祖様に向かって祈りや
供養を届けるのが天高く昇っていく
イメージのあるおりんの音の持つ
意味であるようです。

磨きをかけるとピカピカに!りんの掃除の仕方

235274

どんなに高価なおりん
購入していても、時間がたつにつれ
表面が変色していきます

そんな変色したおりんピカピカに
するお掃除する方法が専用クリーナーを
使用してのお掃除方法です。

りんの汚れ落とし専用のクリーナー
仏壇店などで販売されていますので、
おりんの汚れが目立つようになり、

お掃除してピカピカの状態に
戻したい方は、仏壇店に行って
購入しましょう。
価格はひとつ400円前後ぐらいです。

ただし、専用のクリーナーを使用しても
変色が進みすぎているとクリーナーで
磨いてもきれいになりづらくなりますので、

おりんが少しでも変色してきた・・・と
思ったらこまめに専用クリーナーで
磨くようにしましょうね。

りんの購入の仕方

017040

おりんは、一般的にお仏壇を
購入するときに一緒に購入する
ものですが、おりんは長年
使用していると変色してきます

購入するときに表面に透明塗料を
塗っておくと長期間変色を防げますが、
磨いても変色がとれないなどの理由で
おりんを新調されることもあると
思います。

おりんを選ぶときには鳴らして
みてきれいな音がなるものを
選ぶことも大切ですが、

多少高価であっても、おりんの品質が
良く長年使用してもあまり
変色しないものを選ぶことが重要です。

まとめ

47cf9ca7951adec5033583f089df0bd7_m

おりんの叩き方は、上からたたく方法と
横からたたく方法があり、良い音を
響かせるためには、どちらの叩き方を
するときもりん棒を弾ませるように
叩くようにしましょう。

また、仏壇にはろうそく立てや
お線香立てなどがおりんの周りに
ありますので、おりんを横から

叩くときにはこれらをどかせてから
たたくとろうそく立てやお線香立てを
倒すことなくおりんを鳴らせます

あと、おりんを鳴らす回数には
決まりはありませんので、
1回鳴らしても2回鳴らしても
構いませんので、

その天上におられる仏さまや
ご先祖様に向かって祈りや供養が
届くように、上記でご紹介した
鳴らし方できれいな音を立てて
鳴らしてご供養しましょうね。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】