葬式の献花料の相場はいくら?花の種類や手配の仕方も紹介!

キリスト教の中の
プロテスタントの葬儀の場合、
仏教でのお香典にあたるのが
献花料です。

普段、プロテスタントの葬儀に
あまり参列する機会がない方は、

プロテスタントのお葬式で
遺族におわたしする
献花料の金額相場や
献花に使われる花について
あまりご存じないと思います。

そんな方たちのために、ここでは

  • お葬式の献花料の金額相場とは
  • そもそも献花とは何なのか

について解説させて頂きたいと思います。

プロテスタントの葬儀で
遺族におわたしする献花料や
献花について詳しくお知りになりたい方

ぜひ、以下の記事を
読んでみてくださいね。

Sponsored Links

 

葬式の献花料!金額相場はどれくらい?

bf66723809a49bfa93e7c007e5b2220f_m

 

キリスト教の中の
プロテスタントの葬儀に参列するときに、
遺族におわたしする
仏教のお香典にあたるのが献花料です。

献花料は白無地の封筒、
もしくは、十字架や
白百合の絵が描かれている封筒に
包みます。

葬儀の際に
この献花料を持参するときは、
仏教の時と同様、
弔事用の袱紗に包んで持参します。

献花料の金額の相場は、
以下のようになっています。

亡くなった方献花料の相場
勤め先の上司や
社員の場合
5000円~10000円
勤め先の上司や
社員の家族の場合
3000円~10000円
祖父母の場合10000円~50000円
両親・義両親の
場合
30000円~100000円
兄弟・姉妹の場合30000円~50000円
おじ・おばの場合10000円~30000円
いとこなど
その他の親戚の
場合
3000円~30000円
友人・知人の場合5000円~10000円
友人の親、
恩師・先生、
隣近所の方の場合
3000円~10000円
仲人の場合10000円

 

どんな種類や格があるの?選び方は?

0ebf35ac692ef6d2cef62a2f3931b8d5_m

 

献花に使用されるお花は、
格などは特になく、

白や淡い色の
茎が長めの生花を用いることが
多いようです。

一般的には白百合や
白いカーネーション、
白菊などが用いられますが、

亡くなられた方の好きだった花や、
好きな色の花を用いる場合もあります。

ただし、バラなどのとげがある生花を
献花として使用してはいけません。

故人の遺志などを尊重しつつ、
礼にのっとった花を選びましょうね。

Sponsored Links

 

献花はどこで手配できる?いつまでに注文が必要?

e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_m

 

葬儀当日、神前に向けておくる花である
献花を送る場合は、

まず、故人の訃報を聞いた後すぐに
葬儀会場に連絡して、
提携先の花屋さんを紹介してもらい、
手配してもらいましょう。

大きさは会場の大きさや
遺族の意向に
合わせなくてはいけないので、

すべて葬儀場が提携している
花屋さんにお任せしましょうね。

 

献花に使われる花の種類は葬式の内容によって違う!?

be041a078eda79af05554e4438e56f37_m

 

献花に使用されるお花の種類は、
宗教によって異なります。

例えば、仏教や神式の葬儀では、
菊やストレチアなどが
よく用いられますが、

キリスト教式のお葬式の場合は、
白いカーネーションや白百合、
白菊などが用いられます。

 

そもそも献花ってなに?供花との違いは?

9114e8f3160b60302bd32399ad9a285c_m

 

そもそも献花とは、
霊前にお花をささげることをさします。

広い意味では、
お葬式が行われる
式場の周りを飾る花や

逝去された方の枕元に
お供えする花のこともさしますが、

一般的には、キリスト教の葬儀
仏教式の葬儀の時に行われる
お焼香のように、

参列者が故人の遺影や祭壇の前で
1本、1本お供えしていく
たむけの花のことを献花と言います。

供花は、式場や祭壇を飾るために
供えるお花のことです。

youtubeにて
キリスト教式の葬儀に参列する際の
献花の仕方を紹介している動画を
見つけました。

式場でどのように献花をするのか
知っておきたい方は、
ぜひ、以下の動画を
ご覧になっておいてくださいね。

まとめ

ea8ee62b45a9824d6503ffe7e4db760e_m

 

いかがでしたか?

献花料とは、
キリスト教の中のプロテスタントの葬儀で、
亡くなられた方のご遺族におわたしする
仏教でいうところの
お香典にあたるものです。

献花料は、白無地の封筒か、
白百合や十字架が描かれている
封筒に入れておわたしします。

蓮の花が描かれた封筒は、
仏教のお香典を包む専用のものなので、
間違えて使用しないようにしましょう。

故人の葬儀に献花を送る場合は、
訃報を聞いてすぐ葬儀場に連絡をし、
葬儀場が提携している
お花屋さんを紹介してもらい、

そのお花屋さんの指示に従って、
遺族の意向や会場の大きさに合わせた
献花をおくるようにしましょうね。

Sponsored Links



低価格のお葬式を探している人必見!

お葬式の全国総額平均122万円ですが
実は、こんな高額な金額をかけなくても
いいのをご存知ですか?

実は14万円〜でもお葬式はできるんです。

なぜこんな高額な請求に
なってしまうかというと、

・親の急死で急いでいた
・お葬式の知識がなかった
・どうやって決めていくか知らなかった

など、お葬式の知識がないために
必要以上に大きな規模を勧誘されたり
物品に高額な値段がつけやすいのが現状です。

そんな時は、 『小さなお葬式』はオススメです。

『小さなお葬式』が人気な理由とは

・WEBサービスの中で、依頼件数は
 No1.の実績で信頼できる
・全国に3,000以上の提携式場から選べる
・お客様の93.4%が満足しているので期待ができる
・追加料金不要の定額プランなので安心
・24時間365日対応の電話相談があるので安心

などお葬式が分からない方でも
早朝・深夜に関わらず
気軽に電話相談できるのは安心です。

また、メディアでも取り上げられるほど
価格とプラン内容の見直しにより
低価格が実現できているので
価格に納得して依頼ができます。

⇒小さなお葬式のカンタン資料請求をしてみる