終活のノートはどうやって作る?基本の書式はダウンロードできる?

終活ノートを書こうと思うキッカケは
それぞれだと思いますが、いざ書こう
とした時こんな疑問が沸きませんか?

・どうやって作るの?
・何を書けばいいの?
・簡単にダウンロードして使えないの?

購入するという方法もありますが、
たくさんの項目があるので身構えて
なかなか手を付けづらいものです。

そこで今回は

終活ノートを手軽に始めたい

という方に以下の内容でまとめて
みました。

・終活ノートに書く内容とは?
・おススメ終活ノートランキング
・終活ノートのダウンロード方法

書いておくと思った以上に
役に立つ事間違いなし!
ですので、是非参考にして下さいね。

Sponsored Links

終活のためのノートに書く内容とは?7つの項目を詳しくご紹介!

終活ノートと聞くと遺言書のような物を
イメージするかもしれませんが、
実は色んな活用方法があります。

例えば

  • 人生の振り返りと見つめ直し
  • 入院時の家族への負担軽減
  • 重要書類や連絡先の整理

などなど家族や自分のための備忘録
して残しておくとかなり重宝します

では実際にどんな内容を書いておけば
いいのか基本的な7つの項目を詳しく
ご紹介します。

1.自分のこと

自分の事って実はとてもに重要なんです。
人生には様々な出来事が突然襲いかかる
事があります。

災害、事故、入院などで自分しか知らない
情報が必要となった時家族は困って
しまいます。

ひとり暮らしの方なども共通して書いて
おきたい基本的な内容は

  • 氏名・生年月日・血液型・住所・
    連絡先 本籍などの個人情報
  • 証明証や重要書類の保管場所
  • 自分史(人生経歴)
  • 職場の情報

急な入院となった時、病院によっては
提出書類に人生経歴を書く欄があります。
これって当人しかわからないので本当に
家族は大変な思いをするんですよね。

2.資産のこと

資産については相続人がいる場合は特に
重要となります。

  • 預貯金情報や通帳・印鑑の場所
  • クレジット・ローンの利用や
    借金について
  • 不動産の所有情報

相続人が多いほど、もめる原因にも
なりますので資産は包み隠さずに書いて
おきましょう。

Sponsored Links

3.生活の身の回りのこと

生活スタイルも人それぞれです。
大切にしている物連絡してほしい場所
など書いておくと良いでしょう。

  • 趣味などで通っている所のリスト
  • パソコン・スマホのロック解除番号
    やSNS・ブログ等の情報
  • ペットに関する情報

ここでひと休みしてエンディングノート
の書き方について自宅で講演を行っている
動画も参考にして下さい。

4.自分の家族や親族のこと

家族の情報を管理しているのが自分
という場合はとても重要となります。

  • 自分の家族・親族の連絡先
  • 子供の学校や育児に関する情報
  • 家族の重要書類や保管場所

一般的な家庭は母親(奥様)に全て任せて
いるという場合が多いと思います。

特に子供が小さい場合などご主人が
慌てないよう備えておきましょう

5.医療や介護のこと

例えば病気や不慮の事故などで障害を
負い自分の意思を伝えられなくなった
としたらきっと辛い思いをするでしょう

家族にも辛い思いをさせないために
万が一の時の意思や希望も伝えて
おきたいものですね。

  • 延命治療について
  • 臓器提供について
  • 介護について

延命などは家族が一番悩み苦しむ場面
又、介護も在宅か施設の希望があると
負担も軽くなるでしょう。

Sponsored Links

6.お葬式や供養のこと

冠婚葬祭で一番大変なのが葬儀です。
親族との食い違いなどで揉めないため
にも決めておきたいものです。

  • 葬儀費用や内容について
  • 宗派やお寺について
  • お墓や戒名について

今は互助会に入っている方も多いので
事前相談をしておくと費用や必要な事柄
も迷わず書く事ができるでしょう。

7.遺言のこと

遺言書を残す場合は保管場所が重要
言えます。

  • 遺言書の有無と保管場所
  • 作成時に相談した連絡先
  • 相続についての詳細

財産をたくさん残される方は争いごとに
ならないよう、はっきりとさせておく
のが家族のためと言えますね。

おススメの終活(エンディング)ノートをランキングでご紹介!

出典:https://www.amazon.co.jp/

終活ノートを買ってしっかりと記して
おきたいという方の為にオススメの
終活(エンディング)ノート
ランキングでご紹介します。

第5位

【もしものときのエンディングノート】

出典:https://www.amazon.co.jp/

何より文字が大きくわかりやすい!
簡潔にまとめられるので自分も家族も
使いやすいです。

Amazonで詳細を見てみる

第4位

【My Life これまでとこれから
~自分史年表+エンディングノート】

出典:https://www.amazon.co.jp/

年代別の出来事が載っているので
自分史を振り返りやすく、これからの
人生を考えるにはピッタリです。

Amazonで詳細を見てみる 

Sponsored Links

第3位

【プレシャス エンディングノート
~私の大切なノート】

出典:https://www.amazon.co.jp/

弁護士の大渕愛子先生監修
自分なりにアレンジしやすく、大切な人
へのメッセージも書き込みやすいです

Amazonで詳細を見てみる 

第2位

【もしもノート】

出典:https://www.amazon.co.jp/

必要最低限の事を簡潔に書きこめる
軽いメモノート風なので高齢者にも
オススメです。
私も母に贈りました。

Amazonで詳細を見てみる

第1位

【エンディングノート
もしもの時に役立つノート】

出典:https://www.amazon.co.jp/

人生の様々に備えられる
ベストセラーの1冊。

事例が漫画で分かりやすく説明されて
おり、じっくりしっかり記したい方に
おススメです。
私自身も使用しています。

Amazonで詳細を見てみる

ランキングはAmazonで高評価の
物の中から独断で決めたものです。

高齢化の今だからこそプレゼント
して家族の今後を豊かにする上で
活用してほしいと思います。

Sponsored Links

終活(エンディング)ノートはどこでダウンロードできる?

もっと手軽にお金をかけずに始めたい
終活ノートはどこでダウンロードできる?
という方にダウンロードできるサイト
を幾つか紹介します。

【暮らしづくり 終活】

出典:http://shukatsu.nifty.com/

項目ごとに個別にダウンロードできる
ので気軽に書き始められます。
終活についてじっくり学べる所も
便利です。

ダウンロードページへ移動する

【ラブラージュ総合法務事務所】

出典:http://lp-law.net/

行政書士事務所が公開している事から
財産・相続について押さえられています。

スターティングノート(ゴールを踏まえた
上でより豊かな日々を送るためのノート)
もセットになっていますので自分をみつめ
直したい方におススメです。

ダウンロードページへ移動する

【Officeスタイルカタログ】

出典:https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/stylecatalog/default.aspx

デザインも綺麗使い方ビデオなども
あるのでとてもわかりやすいです。
Wordを使って自分なりにカスタマイズ
したい方におススメです。

ダウンロードページへ移動する

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?
書式やノートが目の前にあっても
なかなか手を付けられないという
のが正直な所です。

実際私もかなり前に購入したんですが
何も書き込んでいない状態です。

兄を早くに亡くしたり、自分も癌を
経験して死を身近に感じているにも
かかわらずどこかでまだ大丈夫と
いう気持ちがあるのでしょうね。

でも本当に人生いつ何が起こるか
わかりません。
大切な人へのメッセージだけでも
書き記しておきたいですね。

人は最期まで

「やり残した事はないのか」

を問いかけて生きているものです。

これからの人生を豊かなものに
するためにもエンディングノートの
活用を始めてみませんか。

Sponsored Links



低価格&定額のお葬式を探している人必見!

お墓探しをしようと思い立っても

お葬式の全国総額平均122万円ですが
実は、こんな高額な金額をかけなくても
14万円〜でもお葬式はできるんです。

なぜこんな高額な請求に
なってしまうかというと、

・親の急死で急いでいた
・お葬式の知識がなかった
・どうやって決めていくか知らなかった

など、お葬式の知識がないために
必要以上に大きな規模を勧誘されたり
物品に高額な値段がつけやすいのが現状です。

そんな時は、 『小さなお葬式』はオススメです。

『小さなお葬式』が人気な理由とは

・WEBサービスの中で、依頼件数は
 No1.の実績で信頼できる
・全国に3,000以上の提携式場から選べる
・お客様の93.4%が満足しているので期待ができる
・追加料金不要の定額プランなので安心
・24時間365日対応の電話相談があるので安心

などお葬式が分からない方でも
早朝・深夜に関わらず
気軽に電話相談できるのは安心です。

また、メディアでも取り上げられるほど
価格とプラン内容の見直しにより
低価格が実現できているので
価格に納得して依頼ができます。

⇒小さなお葬式のカンタン資料請求をしてみる