葬式の参列!会社関係の場合どこまでの範囲まで出席すべき?

亡くなった人との
最後のお別れの場であるお葬式。

でも、全く個人との面識がなくても
お葬式に出席しなくてはいけないケースも
ありますよね?

それが会社関係の身内のお葬式です。

会社関係の身内の不幸であった場合、
会社内で誰かがお葬式に参列しなければ
いけないことってありますよね?

そんな時、誰が、どこまでの範囲で
お葬式に出席する必要があるのでしょうか?

さらに、会社関係といっても相手との
関係性によっても、変わってくるので
これも判断が難しいことがあります。

  • 会社の社員の場合は?
  • 会社で雇っているバイトの場合は?
  • 取引先関連なら?

訃報は突然やってくるものです。
いざという時に慌てないように、前もって
誰が、どこまでの範囲でお葬式に出席する
べきなのか、しっかりと整理して
おきましょう!

Sponsored Links


会社関係者の訃報!お葬式に参列するべき範囲や基準は?

2016y04m12d_173023018

会社の関係者の訃報があった時、社内の人間
がお葬式に参列する必要があるのはいったい
どこまでの範囲なんでしょうか?

その基準についてまとめました。

  • 会社の社員の場合
  • 会社で雇っているバイトの場合
  • 取引先関連の場合

それぞれについて順番に見ていきましょう。

※それぞれの事情や会社内での規定、遺族の
意向もありますのでこれが正しいという事は
ありません。

ここで紹介しているものはあくまでも目安に
して、判断するようにしてくださいね。

会社の社員の家族・親戚の場合はどこまで出席する?

2016y04m12d_172649445

会社の社員の身内のお葬式では、亡くなった
のが両親や配偶者であれば、できるだけ
葬儀にも出席するようにした方が
いいでしょう。

それ以外の場合は故人との面識がない
のであれば出席する必要はないでしょう。

これは上司、同僚、部下の場合も同じです。

会社で雇っているバイトの家族の場合は?

会社で雇っているバイトの場合でも、
出席するならば両親、配偶者が亡くなった
場合のみでいいかと思います。

通夜、告別式両方の出席が難しい場合は
お通夜だけ、告別式だけなど、
どちらかだけの参列でもいいでしょう。

会社の取引先関連の場合は?

会社の取引先関連の場合は、会社の規定
従った方がいいでしょう。

通常会社では取引先であれば社内経費で
香典や盛り花などを出す基準が、細かく
決められているものです。

個人的に参列したい場合はもちろんしても
かまいませんが、会社で香典や盛り花などを
だしているのであれば出席しなくても問題は
ないでしょう。

(会社からの代表という事で出席が必要な
場合はあるかと思います。)

会社から何も出さないのであれば、
それはそれで個人的にも出す必要も
ないでしょうし、

あとは相手との関係性気持ち次第
いう事になります。

葬儀に参列するのであればどのくらいの
時間に伺えばいいのかも気になりますよね?

実際に葬儀参列するときの時間マナーに
関するこちらの動画が参考になります。

葬儀に参列するあなたは時間のマナーを守りましょう

会社から参列する人数や香典はどうする?

2016y04m12d_172811051

会社から参列する場合の人数や香典に
関しては会社の規定や社風に合わせて
決めましょう。

会社から香典が出る場合は代表者数名で
参列することもあるでしょうし、全員が
参列するという風潮であればそれに合わせて
香典も用意して参列する必要があります。

あまりにも人数が多くなる場合はお通夜と
告別式、2日に分かれて行くようにしても
いいでしょう。

香典に関するこちらの記事も参考になるので
ご覧ください。
→香典のふくさがない!代用するなら何が良い?

まとめ

会社関係の葬儀参列は、基本的に両親や
配偶者が亡くなった場合のみの参列で良い
と考える人が多いようです。

ただ、これが正しいというものではなく、
地域の風習や会社の規定、遺族の意向を
考慮して周りに合わせて決めるように
しましょう。

参考になれば幸いです。
葬儀に参列するときの服装マナーに関する
こちらの記事も参考になります。
→葬式での男性の髪型のセット方法!ワックスはマナー違反?
→お葬式の靴にストラップ付のヒールはダメ?マナーを紹介!



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】

hiyokonoko04

3人の娘を子育て中の専業主婦で
あしのと申します。

結婚して7年目になりますが、冠婚葬祭に
関してはまだ不慣れなことが多くて…(汗)

特にお葬式ってそんなに頻繁に経験できる
ものではないので、いざという時に
おろおろしてしまうこともありますよね。

そんな、人にはなかなか聞きづらいお葬式や
法事に関する事を、家庭を切り盛りする
主婦の目線でわかりやすくまとめて
お伝えしていきたいと思います^^

hiyokonoko04をフォローする
参列
Sponsored Links


NEVER ENDING物語
タイトルとURLをコピーしました