【土地価格】田んぼ・農地を高く売る3つの方法とは?

行政書士。相続(遺産分割協議書の作成)・各種契約・会社設立を専門に活動しています。プロの目線から、遺産についてわかりやすくご説明します(*^^*)

sweetflowerをフォローする

今まで田んぼや農地だった土地…

「もう農業しないから売りたい」

「どうせなら高く売りたい!」

なーんて希望、お持ちの方多いと思います。

でも田んぼや農地は他の土地とは違うため、
相場がわかりにくいですよね(>_<)

相場がわからないと
高く売ることもできないので、
なんとか相場を知りたいところです。

そこで今回は

  • 田んぼ・農地を売却する際の相場
  • 田んぼ・農地を高く売る3つの方法
  • どうしても売れないときは?

についてご説明します。

相場を知るのに便利なサイトも
ご紹介しますね(*^^*)

Sponsored Links


田んぼ・農地を売却する際の相場とは?

マンションや一軒家なら

「駅近だから高そう」とか

「高層マンション!!億!?」とか

なんとなーく思いますけど、
農地の相場ってよくわかりませんよね。

広さや地域もありますが
土地の形なんかも価格に影響しそうです。

それに、農地には売却制限もあります。

場合によってはそもそも売れない…
なんてこともあるんです(>_<)

宅地に転用できる場合

農地だけれど制限を受けず
宅地に転用可能な土地の場合は
売却が可能です。

売却相場を調べる時は

  • 固定資産税の基準となっている価格
  • 公示価格
  • 地域の取引相場価格

の3つを参考にしましょう。

それぞれの調べ方は
あとで詳しくご説明しますね。

 

農地の転用には手続きが必要です。

登記簿に「山林」などと書いてあっても
農地転用手続きが必要な場合も(>_<)

自治体の役場の窓口などで、
必要な手続きや書類を確認してくださいね。

農地以外に使えない場合

農地以外に使ってはいけない土地に
区分されてしまっている場合、
かなり買い手が制限されます。

一定の基準を満たす

  • 農家
  • 農業法人

にしか売ることができないのです…。

しかも買い手が少ない分
相場価格も低め
になりがち
です(>_<)

Sponsored Links

田んぼ・農地を高く売る3つの方法

相場についてお話ししてきましたが、

相場がどうあれ高く売りたい!

が売り手の本音ですよね(*^^*)

田んぼ・農地をできるだけ高く売る方法
3つご紹介します。

1.相場を知る-詳しい相場の調べ方

まずは相場を正しく知って、
それより上での売却を目指しましょう。

相場の調べ方は先ほどもお話ししましたが、

  1. 固定資産税の基準となっている価格
  2. 公示価格
  3. 地域の取引相場価格

という3つを参考に調べます。

固定資産税の価格は課税通知書で、
公示価格は国土交通省のホームページ
調べることができます。

実際の取引現場では
3の地域の取引相場価格相場が
もっとも売却価格に近くなることが多いです。

2.複数の業者に依頼

さて、その3の相場ですが
不動産会社に見積もりを出してもらえば
だいたいの価格がわかります。

不動産会社は地域の取引実績をもとに
見積額を提示するからです。

このとき大切なのが、
できるだけ沢山の業者の見積もりを
比較検討すること◎

特に農地の売却は
業者の得手不得手が大きく分かれるので、
業者ごとの売却価格に大きな差がでるのです。

スマイスターなら、

  • ウェブ上で
  • 1000社以上の見積もりを
  • 最短45秒で
  • 無料で

ゲットすることができますよ!

⇒スマイスターで一括見積もりをとる

これだけの見積もりを
電話や訪問でとるのは大変です…
というか時間的にも気力的にも不可能です(>_<)

ウェブでちょちょっとできるんですから、
便利な世の中ですよね(*^^*)

3.近隣に売る

相場がわかったなら、
近隣に売るというのも手です。

近隣の人なら農家の場合も多いため
面倒な転用手続きも不要です。

農地拡大というメリットがあるため
すんなり買ってくれる場合も多いです(*^^*)

Sponsored Links

どうしても売れなかったらどうしたらいい?

どうしてもどうしても売れないときには
もう活用しちゃいましょう!

転用ができる土地なら

  • 駐車場
  • 宅地にしてアパート経営
  • ドッグラン
  • キッズパーク

などなど、
地域の実情に合わせた活用が可能です◎

転用ができない土地であっても

  • 農家や農業法人に賃貸
  • 手間のかからない農作物作り

などなど、できる活用方法もあります。

活用してくれる業者やアイデアが欲しいなら
スマイスターで検索してみましょう!

全国150社以上の業者の
活用に必要な費用の見積もりを、
ウェブ上で一括ゲットできます(*^^*)

⇒スマイスターで活用方法を探す

土地を活用すれば収入になるため、
固定資産税の負担を軽減できますよ。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

田んぼ・農地を売却するときは

  • 固定資産税の基準となっている価格
  • 公示価格
  • 地域の取引相場価格

3つを参考に相場を調べましょう。

農地に転用できる場合は
相場価格より高値で売れる場合もありますが、
転用できない場合は低くなる傾向にあります。

相場を知った上で、
複数の業者に見積もりをとるのが
高値売却のコツです◎

どうしても売れなかったときは、
そのときは活用しちゃいましょう!



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】