葬式の生花の一対や一基ってどういう意味?マナーを解説!

編集部NEVERENDING物語
編集部NEVERENDING物語をフォローする

身内や親戚、友人・知人の葬式の際に、
生花を贈らなくてはいけない場合が
あると思いますが、その葬儀に際し
贈る生花一対や一基とは

どういう読みでどういう意味なのか
さらに、生花の代金やどう手配
するのがマナーなのかも気になる
ところです。
そこで、ここでは

  • 葬儀の生花の一対や一基はどういう意味なのか
  • 葬儀の生花を手配するときは名札の名前はどう書くのか
  • お葬式の生花と花輪はどう違うのか

について解説させて頂きたいと思います。
葬儀に贈る生花に関するマナーなどの
情報について知っておきたい方は、
ぜひ、以下の記事をご覧になって
くださいね。

Sponsored Links


葬式の生花の「一基」や「一対」ってどういう意味?読み方は?

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_m

お亡くなりになった方に葬儀の時に
お供えする生花のことを供花と
言います。

この生花はお亡くなりになった方や
遺族や親族と親しくお付き合いを
されていた方が贈ったり

葬儀が執り行われる場所から
かなり離れた場所に住んでいて、
葬儀に行くことができない方が
贈ったりします

一基、一対とは供花を数える単位の
ことで、一つの場合は一基(いっき)、
二つの場合は一対(いっつい)と
数えます。

どう手配するのがマナー?

a77b6c7cc1f8cccfaab8f78c4a601f77_m

生花の手くばりの仕方は住んでいる
場所や宗教によって異なりますが、
通常は故人の葬儀を執り行う
葬儀会社に問い合わせをし、
手くばりをしてもらうようです

通夜前であわただしくしている
喪家である遺族にご迷惑を
かけないように、遺族に生花の
手くばりに関する質問をすることは避け

必ず葬儀会社のほうに問い合わせて
受付時間を確認し、喪家名と葬儀の
日程を伝えたうえで手くばりを
してもらうようにお願いしましょうね。

もし、葬儀に生花を贈ることが
できなかった場合は、後飾りに
お供えするお花として遺族のご自宅に
生花を贈ってもよいと思います。

その際は、初七日から四十九日の
期間中に贈るようにしましょうね。

それぞれの生花代!値段の相場はどれくらい?

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_m

葬儀に贈る生花代は、依頼した葬儀会社に
直接支払う方法が一般的です。
また、後日振り込みという支払方法を
とれる葬儀会社もあります。

生花代の一般的な値段の相場
一基(いっき)につき7500円から
15000円程となっています。

一基(いっき)贈るのか、一対
贈るのかは、予算や葬儀場の
スペースなど自分や先方の都合に
合わせて決めるようにしましょうね。

Sponsored Links

生花を手配する時、名札の名前はどう書くの?

f8e8a9fe30dc908c3cd66fa9f0d9524d_m

生花を手配する場合名札には
送り主の氏名を記入します
会社から贈る場合は、右に会社名、
中央に役職と氏名を記入します。

連名で書く場合は、会社名の横に、
贈り主の名前を並べて記入します。
親族がお金を出し合って生花を

贈る場合は、右に○○家と家の名前、
中央に子供一同など送り主の名前を
連名で書かずにまとめて記入します

お葬式の生花と花輪ってどう違うの?

お葬式の時に贈る生花と花輪の
違いですが、通常、生花は
祭壇の周囲に飾られ、花輪は
葬儀式場の外に並べられます。

通常、個人が贈るのが生花で、
会社関係や団体の場合に花輪
贈ることが多いようです。

地域によって生花を贈るのか
花輪を贈るのかは違いがあり、
場所によっては花輪が多いところもあり
生花が主で花輪はないところもあります。

まとめ

123bba1b2c02fccc2f54bda1d23b099b_m

逝去された方に葬儀の時にお供えする
生花のことを供花と言い、この供花は、
逝去された方や遺族や親族と親しく

お付き合いをされていた方が贈ったり
遠方で葬儀に参列することが
できない方が贈ったりします。

一基、一対葬儀の際に贈る生花を
数える単位で、一つの場合は
一基(いっき)、二つの場合は
一対(いっつい)と数えます。

生花の一般的な値段の相場
一基(いっき)につき7500円から
15000円ぐらいで、生花の手配は、

喪家である遺族側に連絡することはせず、
葬儀を行う葬儀会社に喪家名と
葬儀の日程を伝えたうえで
手配してもらうように
お願いしましょうね。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】