葬式では孫嫁からも香典は必要?金額の相場や渡し方とは!

夫の祖父母が逝去された場合、孫嫁として
葬儀に参列しなくてはいけなくなります。
その際、孫嫁からも香典は必要なのか
どうかは気になるところですよね。
そこで、ここでは

  • 夫の祖父母が逝去した場合孫嫁からも香典は必要?
  • 義実家側への挨拶や声掛けはどうしたらよい?

について解説させて頂きたいと思います。
孫嫁という立場で夫の祖父母の葬儀に
参列する際の香典のマナーを間違って

立場を悪くさせたくない方は、
ぜひ、以下の記事をご覧になっておいて
くださいね。

Sponsored Links


旦那の祖父祖母が亡くなった!孫嫁からも香典は必要?

02725265ba1261c77db3d64cb93599c9_m

夫の祖父母が逝去された場合、
孫嫁という立場で葬儀に参列しなくては
いけなくなります。

孫嫁という立場の場合、基本喪主である
夫の父と同居して家計が同じの場合は
香典は不要で、夫の親から独立しており、
家計が別の場合は香典が必要となります。

ただし、同居していなくても夫の父が
香典を出す必要がないとおっしゃる
場合があると思いますが、

そう言われることを想定していたと
しても、葬儀に参列する場合は
香典の準備はしておきましょうね。

香典を用意するなら金額の相場やルールはある?

72120f9d64922cc908719ed328f7f372_m

孫嫁という立場で香典を用意するので
あれば、お花を出さない場合の香典は
3万円供花を出されるのであれば
香典は1万円用意しましょう。

供花を出されるときに花代を直接
葬儀屋さんに払わずに喪主である
夫の父に渡す場合は花代として2万円、
香典として1万円お渡しします。

花代は香典の受付で出さずに、
直接喪主である夫の父に手渡しましょう
ただ、供花をどのようにするかは
夫の父である義父の指示に従って
行ったほうが良いと思います。

お通夜や葬式の受付!孫嫁は香典をどう渡す?

cd2b017dfa1b9c4b27c5b9115eed44a5_m

孫嫁の立場で香典をお渡しする
タイミングは、地域によっては
すぐにお渡しする場合もあるのですが、
一般的にはお葬式前の受付で
お渡しするのが原則です。

ただし、上記でもすでにご紹介して
おりますように、花代はお葬式前の
受付では渡さず、直接喪主である
夫の父に手渡しましょう。

香典のほかにも茶菓子などを
持参しなくてはいけない場合もありますが、
その際、持参するかどうかの判断は

夫の母である義母に判断を仰ぎ
どうしたらよいのか指示して
もらいましょう。

youtubeで香典の表書きの
書き方と渡し方を紹介している
動画を
見つけました。
いざという
時のためにぜひ、
ご覧に
なっておいてくださいね。

義実家側への挨拶や声かけはどうするべき?

16efe2ab1c1cb3bf0e8364a3ff85407f_m

義実家側への挨拶や声掛けは、
まず、喪家である夫の実家に訪問し、
「この度は突然のことでご愁傷さまです」
と弔慰の挨拶と声掛けをしましょう。

葬儀の際孫嫁としてお手伝いする必要がある?

基本はお客さんという立場で
参列してもよい立場なのですが、
だからと言って何もせずに参列する
のみでは夫の家族や親族に悪い印象を
与える可能性があります。

かと言って率先してあれこれお手伝い
しすぎるとでしゃばりすぎだという
印象を与え、せっかく頑張ったのに
かえって孫嫁としての立場が悪くなる
可能性もあります。

孫嫁として夫の祖父母の葬儀に
参列する場合は、夫の父母に
「何かお手伝いできることがあれば
声掛けしてください」と伝えておき

夫の父や母から指示があれば、
その指示に従い葬儀のお手伝いを
しましょう。

以下のサイトでは孫嫁という立場で
どのようなお手伝いをすればよいのか
について詳しくご紹介していますので、
ぜひ、ご覧になっておいてくださいね。

葬式で孫嫁がすべき手伝いは?お通夜からの流れや役割を紹介へ移動

まとめ

d0889211cf145fea2d5a0e25577bbac6_m

孫嫁として夫の祖父母の葬儀に参列する
場合は、喪主である夫の父と同居しており、
家計が一つの場合は香典を準備する
必要がありませんが

独立して別の家で暮らしており、
夫の父と家計が別の場合は香典を用意する
必要ある場合があります

ただ、夫の父の家と家計が別の場合で
あっても、喪主である夫の父の意向で
香典を出す必要がない場合もありますが、
それがわかっていても一応
香典は準備しておくようにしましょう

孫嫁の立場での香典の金額は一般的に
供花代も含めて3万円用意しましょう。
その中に供花代2万円が含まれる場合は、

供花代は葬儀当日の受付で渡さず、
必ず喪主である夫の父に直接
手渡すようにしましょうね。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】

タイトルとURLをコピーしました