土地売買を個人で!手続きの流れ&必要書類・費用まとめ

土地を売りたいなーと思ったとき
気になるのが仲介手数料です。

土地売買のプロである不動産業者に頼むと
仲介手数料を支払わなくてはいけません。

その額はなんと最大で
売却価格×3%+6万円+消費税
(400万円を超える土地の場合)

1000万円の土地の場合、
売り手と買い手を合わせて
最大約64万円を支払うことになります。

…高いですよね(>_<)

なんとか個人で土地売買を成し遂げて
この手数料を節約したいものです!

そこで今回は、行政書士の私が

  • 土地売買を個人ですることは可能?
  • 土地売買を個人でする場合の手続きの流れ

について説明します。

どうしても困った時に
頼れる専門家もご紹介しますよ(*^^*)

Sponsored Links


土地売買を個人ですることは可能?

そもそも、
土地売買を個人ですることは
可能なのでしょうか?

すばり”可能”です。
土地とはいえ基本的には
普段の買い物と同じで売買ですから、
個人でも手続きできます。

ただし!
かなりの覚悟が必要です。

土地は魚の切り身とは違って高価なため、
さまざまな書類や費用が必要なのです。

Sponsored Links

土地売買を個人でする場合の手続きの流れとは?

個人で土地を売買する場合の手続き
どのような流れですすむのでしょうか?

まずは時系列でみていきましょう。

土地売買の流れ

個人での土地の売買は次のようにすすみます。

  1. 売る土地を決定する
  2. 売る土地の相場価格や登記簿など
    売るのに必要な情報を集める
  3. 買い手を探す
  4. 売り手と買い手で話し合い
    売買価格などを打ち合わせる
  5. 必要書類の作成
  6. 売買契約の成立
  7. 土地の引き渡しと代金の支払い

個人でこの手続きを行う場合に
つまづいたりトラブルになりがちなのが
5.必要書類の作成』です。

土地売買で用意すべき必要書類とは?

土地売買では

  • 土地の売買契約書
  • 重要事項説明書にかわる書類

2つを作成するのがおすすめです◎

法律的にはこの2つの書類がなくても
契約は成立します。

しかし今回の売り物は土地です。

土地の売買では

  • 土地自体におかしな部分があった
    (土壌汚染や地盤沈下など)
  • 抵当にはいっていた
  • 土地を共有所有しているの
    同意を得られていなかった
  • 登記簿上の持ち主にはなかった

などのトラブルが起こりやすいため、
書類を作成して予防しておきましょう(*^^*)

土地売買に必要な費用

土地の売買には

  • 売買のための費用
  • 税金

がかかります。

売買のための費用
打ち合わせのための交通費などですね。

土地売買にはどんな税金がかかるの?

土地の売買にかかる税金としては

  • 印紙税
  • 不動産譲渡税
  • 土地の登録免許税

の3つがあります。

まず印紙税

印紙税とは、ある一定以上の取引について
支払わなくてはいけない税金のことです。

印紙を郵便局などで購入し、
契約書に貼ることで納付できます。

印紙税は土地の売買価格によって違います。

記載金額印紙税額
1万円未満非課税
1万円超50万円以下200円
50万円超100万円以下500円
100万円超500万円以下1,000円
500万円超1000万円以下5,000円
1000万円超5000万円以下1万円
5000万円超1億円以下3万円
1億円超5億円以下6万円
5億円超10億円以下16万円
10億円超50億円以下32万円
50億円超48万円

 

不動産譲渡税
土地の売却利益に応じて支払う税金のことです。

たとえば1000万円で購入した土地を
2000万円で売却した場合は、
利益の1000万円分税金がかかります。

逆に1000万円で買ったのに
500万円でしか売れなかった場合は、
利益が0円のため税金も0円です。

 

最後の登録免許税とは
土地の登記の際に支払う税金です。

いわゆる登記手数料ですね。

登録免許税の金額は
土地の評価額×1.5%

法務局で登記をするときに
窓口に支払います。

Sponsored Links

土地売買を専門家に頼むにはどうしたらいい?

とまぁここまで
個人で土地を売買する手続きを
ご説明してきましたが…

正直おすすめしません(>_<)

かなり面倒ですし、そのわりには
売却利益も期待できないじゃないかなぁ
と思います。

行政書士としては
売買契約書の内容もかなり不安です。

土地には見えない瑕疵なども多くあり、
その辺をカバーできる契約内容じゃないと
あとあと大きなトラブルを招くんです…。

ぜひ仲介手数料の安いプロ
依頼することも検討してほしいところ!

仲介手数料が安く高値売却できる業者なら、
自分でやるのに近いお金を
節約できるかもしれません。

スマイスターなら
全国1000以上の業者の見積もりを
ウェブで一括取得可能なので、
一度探してみてはいかがでしょうか(*^^*)

⇒スマイスターの詳細を確認する

土地の情報を入力するだけで
最短45秒で業者を探せますよ!

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

土地の売買は個人でも可能です。

  • 売る土地を決定する
  • 売る土地の相場価格や登記簿など
    売るのに必要な情報を集める
  • 買い手を探す
  • 売り手と買い手で話し合い
    売買価格などを打ち合わせる
  • 必要書類の作成
  • 売買契約の成立
  • 土地の引き渡しと代金の支払い

という流れで手続きをすすめましょう。

土地の売買では

  • 土地の売買契約書
  • 重要事項説明書にかわる書類

をきちんと作るのがおすすめです◎

あとあとのトラブルを防ぐために
大切な書類なので、
自信がない方はプロに頼むのが吉

スマイスターを活用して
手数料が安く高値売却してくれる業者を
探してくださいね。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】

行政書士。相続(遺産分割協議書の作成)・各種契約・会社設立を専門に活動しています。プロの目線から、遺産についてわかりやすくご説明します(*^^*)

sweetflowerをフォローする
不動産
Sponsored Links


NEVER ENDING物語