遺産相続の手続きは自分でしたい!必要な書類・手順とは?

遺産相続の手続き
ややこしそうですよねぇ…(~_~)

でも専門家に丸投げすると
結構なお値段がかかります。

お葬式や相続税で支払いがかさむ時期ですから、
なんとか自分で手続きして
できるだけ節約したいですよね。

そこで今回は、行政書士の私が

  • 遺産相続の手続きは自分で出来るの?
  • 遺産相続を自分でする方法

をご説明します。

難しそうに思える遺産相続手続きも
遺族で力を合わせれば
きっと乗り越えることができます。

もしできなかったときは、その時に
専門家に相談すれば大丈夫(*^^*)

万が一の相談機関や相談方法も
ご紹介します。

Sponsored Links

遺産相続の手続きは自分で出来るの?

遺産相続の手続きはずばり!
自分でもできます。

ただ…
やることが多く面倒なのも事実です。

しかも期限が決まっている手続きもあり、
きちんとスケジュールをたてて
手続きをすすめなくてはいけません。

ひとりでやるのは大変なので、
遺族で協力して取り組みましょう。

Sponsored Links

遺産相続を自分でする方法

では早速
遺産相続手続きを自分でする方法
順を追ってみていきましょう。

遺産相続に必要な書類とは?

まずは遺産相続に必要な書類の一覧です。

  • 死亡届け(火埋葬許可申請書)
  • 死亡診断書
  • 遺言書
  • 遺産分割協議書
  • 財産を特定する書類
    (預金通帳・有価証券・登記簿など)
  • 所得税の準確定申告書
  • 相続税の申告書
  • 故人と相続人の戸籍謄本
  • 相続人の身分証明書

基本的な相続であれば
上記書類があればほぼ大丈夫です。

相続放棄など特殊な相続の場合は
他の書類が必要となります。

遺産相続の手続きの流れ!

次に、遺産相続手続きの流れ
祭事の流れとともにみていきましょう。

祭事相続の手続き期限
死亡死亡診断書をもらい、
死亡届を提出
7日
葬儀の手配火埋葬許可申請書を提出
(自治体によっては不要)
7日
お通夜親戚などに連絡7日
葬式香典などを管理7日
四十九日・形見分けなど・遺言書の確認
・相続人の確定
・財産の調査
・遺産分割協議の開始
・限定承認、相続放棄をする場合、期限は3ヶ月以内
・香典返し
3ヶ月
所得税の準確定申告4ヶ月
百日祭など・遺産分割協議書作成
・不動産などの名義変更
・相続税申告と納付手続き
10カ月

1年間はバタバタということですね(汗)

特に

  • 相続税の申告
  • 相続放棄の手続き

準備や熟考が必要なわりに期間が短いので、
注意してくださいね。

相続放棄については
事情によっては3ヶ月を過ぎても
認められる場合もあります。

うっかり過ぎてしまったときも諦めずに、
家庭裁判所に相談してください。

遺産分割協議書の書き方

多くの方が悩むのが
遺産分割協議書の書き方だと思います。

遺産分割協議書とは
遺産の分け方を話し合った結果を
一種の契約書として書いたもの。

あとあと

やっぱりあれが欲しかった

あれをあなたが相続するなんて
知らなかった

話し合いをやりなおしたい

などと揉めるのを防ぐために、
きちんとしたものを作成することが大切です。

行政書士や弁護士に依頼して
書いてもらうのが一番間違いがないのですが、
自分で作成することも可能です。

行政書士として気を付けるべきポイントを
ご紹介しておきますね!

遺産分割協議書のポイント
  • すべての財産を書き出す
  • すべての財産の相続先を明記する
  • 登録番号や預金通帳番号などで
    すべての財産を明確にする
  • すべての相続人の相続財産を明記する
  • 相続人全員の印鑑を押印する

この5ポイントさえ守っていれば、
大きなトラブルはだいたい避けられます。

難しい言葉で書く必要はありません。

わかりやすく、財産と相続人を
明確にしておきましょう。

Sponsored Links

専門家に依頼する場合はどうしたらいい??

自分でやろうとしてみたけど
やっぱりだめだった!
というときは専門家に相談しましょう。

遺産相続の専門家

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 行政書士

の3つ。

それぞれ次のように使い分けると
スムーズに手続きがすすみます。

専門家こんなときに!
弁護士・遺産分割協議をまとめて欲しい

・相続財産の調査からすべてやって欲しい

司法書士・不動産の名義変更を依頼したい
行政書士・遺産分割協議書を作って欲しい

・戸籍などをとってきて欲しい

専門家にアテがないときは

  • 法テラス
  • 各都道府県の弁護士会
  • 各都道府県の司法書士会
  • 各都道府県の行政書士会

に相談してみてくださいね。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

相続放棄の手続きは自分でもできます。

以下の書類を用意して
手続きをすすめていってくださいね。

  • 死亡届け(火埋葬許可申請書)
  • 死亡診断書
  • 遺言書
  • 遺産分割協議書
  • 財産を特定する書類
    (預金通帳・有価証券・登記簿など)
  • 所得税の準確定申告書
  • 相続税の申告書
  • 故人と相続人の戸籍謄本
  • 相続人の身分証明書

期限があるものも多いため、
遺族みんなで協力して行っていきましょう。

Sponsored Links



低価格のお葬式を探している人必見!

お葬式の全国総額平均122万円ですが
実は、こんな高額な金額をかけなくても
いいのをご存知ですか?

実は14万円〜でもお葬式はできるんです。

なぜこんな高額な請求に
なってしまうかというと、

・親の急死で急いでいた
・お葬式の知識がなかった
・どうやって決めていくか知らなかった

など、お葬式の知識がないために
必要以上に大きな規模を勧誘されたり
物品に高額な値段がつけやすいのが現状です。

そんな時は、 『小さなお葬式』はオススメです。

『小さなお葬式』が人気な理由とは

・WEBサービスの中で、依頼件数は
 No1.の実績で信頼できる
・全国に3,000以上の提携式場から選べる
・お客様の93.4%が満足しているので期待ができる
・追加料金不要の定額プランなので安心
・24時間365日対応の電話相談があるので安心

などお葬式が分からない方でも
早朝・深夜に関わらず
気軽に電話相談できるのは安心です。

また、メディアでも取り上げられるほど
価格とプラン内容の見直しにより
低価格が実現できているので
価格に納得して依頼ができます。

⇒小さなお葬式のカンタン資料請求をしてみる