永代供養とお墓!どっちが費用を抑えれるの?【比較】

最近注目されている永代供養。

跡継ぎがいない、
子供に負担をかけたくない
といった理由から広がりつつある
供養の仕方です。

ただ、従来のお墓を建てる供養との違い
まで詳しく分かる人は
少ないのではないでしょうか。

そこで、この記事では

  • 永代供養にかかる費用はどれぐらい?
  • 永代供養とお墓の費用を比較
  • 永代供養のメリットとは?

といった内容で詳しく調べました。

新たにお墓を建てる事を検討している人
だけでなく、今あるお墓をしまいたい
と考えている方にとっても
参考になればと思います。

それでは、気になる費用面から
見ていきましょう。

 

Sponsored Links

 

永代供養にかかる費用はどれくらい?

永代供養といっても、費用や内訳は
運営するお寺や霊園によって
大きく異なります。

最初から合祀(ごうし)する方法なら、
5万円~10万円が相場と言われ、
一霊ごとに費用がかかる事が多いです。

また、納骨堂などに一定期間お骨を安置
する場合は10万円から、
個人墓や夫婦墓など墓標を建てる
場合はさらに費用がかかります。

永代供養の費用については
別の記事で詳しく触れているので
そちらを参考にしてみて下さいね。

永代供養の費用相場とは?料金は宗派によって違う?

なお、先述の通り永代供養には
規格がありません。

同じ価格でも、
ある寺院では含まれている項目が、
別の寺院では含まれていない…
という事も少なくないのです。

その点については、次の項目で説明します。

 

Sponsored Links

 

永代供養の費用の内訳とは

一例として見てみますと

  • 永代供養料(供養に対する費用)
  • 墓地使用料(永代供養墓の使用料)
  • 納骨料(納骨にかかる費用)
  • 刻字料(墓誌に彫刻する費用)

といった内容が
一式料金に含まれています。

納骨法要の料金は含まれるけれど、
年忌法要代は別途必要なパターン。

刻字料は含まれていないパターン
など様々です。

必ず最初に確認することをおすすめします。

 

お墓を建てる費用の相場はどれくらい?

それでは、一般的なお墓を建てる場合
費用はどれぐらいかかるのでしょうか。

お墓を建てる時の費用の相場は、
大体200万円前後と言われています。

もちろん、墓地の面積や地盤、
使う石材、墓石の大きさ、加工や形により
大きく変わります。

地域によってもかなり違いがあるようです。

Sponsored Links

 

お墓を建てる費用の内訳とは

お墓の内訳は主に、
墓石代、永代使用料、年間管理費
の3つです。

これらは、公営でも民営でも、
どんな墓地を選んでも必ず発生します。

墓石代の平均相場は170万円程。
そこに、永代使用料と年間管理料
が加わります。

永代使用料とは、
墓地の土地代のようなもので
よく聞く「永代供養料」とは異なります。

ちなみに、墓石の価格を決めるのには
いくつのポイントがあるようです。

まずは、その墓地が
石材店の指定をしているか。

購入先を自由に選べれば、
安く墓石を購入できるかも知れません。

つぎは、石の種類。
石材の種類によって、
価格は大きく変わります。

そして、使用量と面積や
加工の有無も関係します。

さらに忘れてはいけないのが
墓地の立地。

工事車両が入れないような
山の上だと、人件費や工期が上乗せされ
工費がかさむので注意が必要です。

 

永代供養とお墓!長期的に費用がかかるのはどっち?

永代供養は、供養料を支払ってしまえば
その後の管理にお金がかからない事が特徴
急速に広がりつつあります。

ただし、前述のとおり
法要代等が別途かかる場合もあります。

それでは、お墓を建てる場合
はどうでしょうか。

お墓を建てた場合には
200万円前後の初期費用に加え、
年間管理費を支払い続ける必要があります。

永代供養の場合でも、
墓石を建てるタイプですと
お墓を購入する事と
さほど変わらない場合もあります。

しかし、長期的に見ると、
お墓を維持していくのには
費用がかかると言えるかも知れません。

お墓の掃除や草取りといった
メンテナンスも必要ですしね。

では、永代供養には
メリットしかないのでしょうか。

それについては、
次の項目で見ていきましょう。

Sponsored Links

 

永代供養のメリットとは?

永代供養のメリットは、

  • お墓の管理・供養はお寺が行ってくれる
  • 墓石代が不要※個人墓や夫婦墓を除く
  • 最初に料金を支払えば、
    その後費用が発生しない
  • 宗旨宗派を問わない

等が挙げられるでしょう。

こう書くとメリットしかないようですが、
少なからずトラブルがあるのも事実です。

永代供養の多くは、
最終的に合祀(ごうし)されます。

そして、1度合祀されてしまった遺骨は、
再び取り出すことが出来ません。

ですから、よく話し合うことなく
合祀された場合、後になって親戚間で
もめるケースがあるそうなのです。

ご先祖や子孫を大切に思うがゆえの
永代供養という決断が、
親戚間のトラブルになるのは
あまりにも悲しいこと。

くれぐれも、
よく話し合ってから決めたいものです。

 

まとめ

最近、よく聞かれるようになった永代供養。
従来型のお墓での供養との違いを

    • 永代供養にかかる費用は
      どんなタイプを選ぶかで変わる
    • 永代供養とお墓の費用を比較
    • 永代供養のメリットと注意点

といった内容で詳しく調べました。

お墓を建てるのは、お金もかかりますし、
掃除や草取りなど維持管理も必要です。

我が家のお墓は比較的近い場所
にありますが、それでも大変。

お墓が遠方にあるなら尚更です。

そんな悩みを解決する供養方法として
注目されている永代供養ですが、
良い点ばかりに注目するのではなく、
注意点も踏まえて選びたいものですね。

Sponsored Links



低価格&定額のお葬式を探している人必見!

お墓探しをしようと思い立っても

お葬式の全国総額平均122万円ですが
実は、こんな高額な金額をかけなくても
14万円〜でもお葬式はできるんです。

なぜこんな高額な請求に
なってしまうかというと、

・親の急死で急いでいた
・お葬式の知識がなかった
・どうやって決めていくか知らなかった

など、お葬式の知識がないために
必要以上に大きな規模を勧誘されたり
物品に高額な値段がつけやすいのが現状です。

そんな時は、 『小さなお葬式』はオススメです。

『小さなお葬式』が人気な理由とは

・WEBサービスの中で、依頼件数は
 No1.の実績で信頼できる
・全国に3,000以上の提携式場から選べる
・お客様の93.4%が満足しているので期待ができる
・追加料金不要の定額プランなので安心
・24時間365日対応の電話相談があるので安心

などお葬式が分からない方でも
早朝・深夜に関わらず
気軽に電話相談できるのは安心です。

また、メディアでも取り上げられるほど
価格とプラン内容の見直しにより
低価格が実現できているので
価格に納得して依頼ができます。

⇒小さなお葬式のカンタン資料請求をしてみる