老後資金に2億円も本当に必要?老後を25年と仮定し検証!

「老後資金はいくら必要か?」は
大多数の方が気になる課題であるものの、
中には「2億円は必要」という説
あります。

実際にいくら必要かは当人の生活水準や
老後時代への願望によるので
一概に言えないのですが、本当に
2億円も必要なら多くの人は貯められないと
絶望するかもしれませんね。

実際にFPである筆者は、2億円を持つ方から
老後資金を相談された事もあり、
その結果を知っているだけに
怖いところかもしれません。

そこで今回は、2億円の老後資金について
お伝えします。

あなたの老後に、お役立て下さいませ。

Sponsored Links


老後資金に2億円!本当に必要なの?

老後資金に2億円必要かどうかは、
ハッキリ言って「人による」としか
言えません。

本当に2億円必要な方もいれば、
2億円でも足りない方もいます。

それほど、老後は個人差が大きいのが
実情です。

特に、最近の日本は
平均寿命も年々延びているため、
仮に2億円は要らなくても、
必要以上に備える事が大切といえます。

老後資金が2億円の生活はどんな感じなの?検証してみた!

2億円の生活というと、多くの方が
「豪華絢爛な生活」を
イメージするのではないでしょうか。

しかし…冷静に計算してみると、
意外とそれほどでもないのが
実情かもしれませんので、
ご注意下さいませ。

次の章から、
パターン別にお伝えします。

Sponsored Links

1.夫婦の場合

まずは「夫婦の場合」です。

仮に60歳で定年を迎え、100歳まで生き、
うち5千万円を子供に残すと仮定すれば、
一年に使えるお金は、
わずか375万円となります。

月で割れば、おおむね30万円です。

一応、これに二人分の年金が
加算される事になりますが、
仮に二人で30万円なら月60万円…
思ったより少ないですね。

2.独身の場合

次は「独身の場合」です。

同様に仮に60歳で定年を迎え、
100歳まで生きると仮定すれば、
一年に使えるお金は丁度
500万円になります。

月に直せば、40万円少々です。

思ったより少ないかもしれませんね。

これに一人分の年金を仮に
15万円として加算すれば、
月55万円が使える事になりますが…
さほど贅沢はできないかもしれませんね。

老後資金が1億円の場合の生活はどうなの?

2億円から考えると
低く感じるかもしれませんが、
1億円も十分にまとまった
大きなお金といえます

しかし…それでも圧倒的な長さの
老後を考えると、あまり贅沢は
できない事も多いかもしれません。

次の章から、
パターン別にお伝えします。

1.夫婦の場合

まずは「夫婦の場合」です。

仮に60歳で定年を迎え、
100歳まで生き、うち3千万円を
子供に残すと仮定すると、
一年に使えるお金は、わずか175万円です。

月に直せば約14.5万円になります。

これに二人分の年金が月30万円とすれば、
月額44.5万円です。

ギリギリ現役の方の年収維持でしょうか。

2.独身の場合

次に「独身の場合」です。

同様に仮に60歳で定年を迎え、
100歳まで生きるとすると、
年に250万円を取り崩せる事に
なります。

月に直せば約20万円少々
思ったより少ないのではないでしょうか。

これに一人分の年金を仮に15万円として
加算すれば、月に35万円が使えます。

けっして贅沢はできないかもしれません。

老後資金はいくらあればアーリーリタイアできる?

老後資金がいくらあれば
アーリーリタイアできるかは、
当人達の生活水準や老後に対する願望
変わってきますから、一概にはいえません。

ただ…そもそもアーリーリタイア自体が、
時代に即していないかもしれませんよ。

次の章から、金額別にお伝えします。

1.1億円の場合

まずは「1億円の場合」です。

仮に100歳まで生き、
生活費に月50万円必要で、
年金額が15万円だとすると、
毎月35万円を取り崩す事になるので、
年で420万円ですから、
約24年分になります。

すると、76歳でどうにかリタイアできる
計算になりますが…もはやアーリーとは
言えないかもしれませんね。

2.2億円の場合

次に「2億円の場合」です。

仮に100歳まで生き、
生活費に月50万円必要で、
年金額が15万円だとすると、
毎月35万円を取り崩す事になるので、
年で420万円ですから、
約48年分になります。

これなら、52歳でアーリーリタイア
できる計算かもしれません。

結婚している方なら、
もう少し早いでしょうか。

3.3億円の場合

そして「3億円の場合」です。

一応ここまでと同条件で計算するなら、
年で420万円ですから、約72年分となり
28歳でアーリーリタイアできる
事になります。

これなら十分アーリーですね。

ただし、実際には3億円を
貯められる程の経済力がある方なら、
もっと生活水準が高いことが多いので、
注意しましょう。

老後資金の運用!おすすめの運用方法を3つ紹介

老後資金を貯めるには、
貯金だけでは厳しい事も多いので、
中には運用を通して資産を増やす方
おられます。

ただ、実際に運用しているのは
2割程度とも言われていますから、
まずは経験した方がいいかも
しれませんよ。

次の章から、初心者に
お勧めの方法をお伝えします。

1.投資信託

まずは「投資信託」です。

投資信託は、簡単にいえば
一定の手数料を支払う代わりに
「プロが代わって運用してくれる」
投資方法になります。

つまり買った後は、
ほったらかしにできる投資です。

プロが運用しても、
必ず儲かる訳ではないものの、
やはり素人の自分でやる事に比べれば
安心できるでしょう。

Sponsored Links

2.個別株

次に「個別株」です。

株式投資ともいいます。

買った時より値上がりしていれば、
売れば利益になる訳です。

また最近では、配当益と優待益
狙う初心者も多いため、
尚更お勧めかもしれません。

初心者には少し怖いかもしれませんが、
特に優待益を狙うなら
「夢の優待生活」が
できるかもしれませんよ。

3.生命保険

最後に「生命保険」です。

少し意外に思われるかもしれませんが、
生命保険も十分に投資として
活用できます。

代表例は個人年金保険ですが、
受け取り時期を気にしなければ
十分に銀行より増えるでしょう。

また相応にまとまったお金がある方なら、
一時払いの終身保険に加入すると、
有利な定期預金の代わりになりますよ。

老後資金の必要額!ゆとりある生活を送るにはいくらが理想?

老後資金の必要額を、
ゆとりある生活を送る前提で考えるなら、
やはり最低でも数億円はあると
安心でしょう。

最終的には当人の生活水準によりますが、
数千万円程度なら不安かもしれません。

強いて言えば、実際にそれほど
蓄えるのは困難な事が多いので、
定年後も働く姿勢でいた方が
いいかもしれません。

なお、夫婦の目安が気になる方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒老後資金の夫婦の必要額は2人でいくら?目安の金額を紹介!

目安以上を目指しましょう。

まとめ

今回の記事では、
2億円の老後資金について
様々な角度でお伝えしました。

いくらあっても老後は厳しいですが
それでも対処するしかありません。

必要に応じてプロのFPに相談し
少しでも安心を得ていきましょう。

なお、貯め方が気になる方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒老後資金の貯め方!30代から始めて5000万を貯めるには?

少しでも早くから準備を始めましょう。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】
山本昌義

老後・年金の相談、婚活支援、生命保険、資産運用、住宅ローン、
相続・贈与、離婚・転職

など様々な分野の相談に対応する
山本FPオフィス代表。
日本初にして唯一の『婚活FP』として活躍中。

▼公式サイト
http://yamamotofpoffice.com/

山本昌義をフォローする
老後
Sponsored Links


NEVER ENDING物語