老後の海外移住で失敗しないための5つのポイント

老後を迎えた方の中には、
海外移住を検討する方も少なくないものの、
実際には失敗だったと感じている方も
多いようです。

結局のところ、
海外移住をする目的も様々ながら、
一番の理由は、経済的な問題で
「日本で生活するよりラクだし得」
との思惑があり、これだけで
決めているからと言えるかもしれません。

実際にFPである筆者は、
稀に老後の海外移住を相談されますが、
失敗談を語ることも多いのが実情です。

そこで今回は、老後の
海外移住を失敗しないためのポイント
お伝えします。

あなたの老後に、お役立て下さいませ。

Sponsored Links


老後の海外移住で失敗しないポイントを5つ紹介!

結局のところ、海外移住は簡単に言えば
渡航経験もロクにない人には
ハードルが高い行為」です。

やるなら、
十分に備えてからにしましょう。

次の章から、
大事なポイントをお伝えします。

1.海外移住の費用を正確に把握しているか?

まずは「海外移住の費用を
正確に把握しているか」です。

直接的な渡航費だけでなく、
現地の生活費や交通費、医療費など
様々に調べておきましょう。

また日本での生活費同様、
平均はあまりアテにならないので
注意が必要です。

2.ビザは取得できるか?

次に「ビザは取得できるか」です。

短期の旅行とは違い、移住となれば
永住ビザが必要になりますが、これは
必ずしも取得できるようなものでは
ありません。

専門家にも相談しながら、
取得を目指していきましょう。

3.年金受け取りの手続きは済ませているか?

そして「年金受け取りの手続きは
済ませているか」です。

これは海外移住をする方なら必須ですが、
現地で年金を受け取れるよう
手続きをしておきましょう。

ついでにクレジットカードを含め、
お金周りを整えておく事が大切です。

Sponsored Links

4.言葉は話せるか?

さらに「言葉は話せるか」です。

日常生活なら片言、あるいは話せなくても
何とかなるかもしれませんが、
病気や事故、何らかのトラブル時には
困ります。

しっかり話せるよう
勉強しておきましょう。

5.コミュニケーションは取れるか?

最後は「コミュニケーションは
取れるか」です。

言葉を話せる事と
コミュニケーションを取れるか否かは別で、
できないと現地で孤立する事になります。

日本の地方以上に
生活が困難かもしれませんから、
注意しましょう。

老後の海外移住!おすすめの10つの国・地域を紹介

どこに住むかは各人の自由ですが、最低限
「治安」「物価」「生活水準」
抑えておきたいところかもしれませんね。

次の章から、お勧め先をお伝えします。

1.ハワイ

まずは「ハワイ」です。

旅行先としても人気のハワイは
移住先としても人気といえます。

ただし、「物価の高さ」には
注意しましょう。

最低でも家賃は12~14万円、
食費も外食なら2~3千円が普通です。

2.フィリピン

次に「フィリピン」です。

比較的物価も安く、
また親日国のフィリピン
移住先として人気といえます。

ただし、日本と比べた
「治安の悪さ」には注意です。

また光熱費や外食代等は、
日本より高い事もありますよ。

3.ベトナム

そして「ベトナム」です。

アジアの異国情緒溢れるベトナム
人気といえます。

ただ、外食費などが安い一方、
家賃はさほど変わりません。

中には年80万円程度で生活する方もいますが
日本人が日本の普通の生活を考えるなら、
そこまで安くできないかもしれません。

Sponsored Links

4.スペイン

さらに「スペイン」です。

情熱の国として人気の高いスペインですが、
生活費としては、食費以外はけっして
安くない点には注意しましょう。

平均すると15~20万円必要なので、
日本と大差ないかもしれません。

5.グアム

そして「グアム」です。

ハワイと並んでグアムも
人気といえますね。

ただ、ハワイに比べて割安な代わりに、
ハワイより「治安が悪い」かもしれません。

そして、そもそもグアムは
「観光地」なので、生活費は
安くできないかもしれません…。

6.ドイツ

さらに「ドイツ」です。

サッカーや芸術、そしてビール好きな方
人気なのがドイツといえます。

ただ、家賃や食費は
日本と大差ないかもしれません。

結果として大体15万円程度は
必要になるでしょう。

7.バリ島

そして「バリ島」です。

バリ島は最近、観光地としても
人気といえますね。

ただ、だからこそ暮らすための生活費は、
かえって日本より割高になる事
あるでしょう。

平均して15~20万円は
必要な事も多いようですよ。

8.タイ

さらに「タイ」です。

仏教国かつ親日国であるタイも
人気があります。

生活費も、だいたい何でも
日本の半値で済む水準なので
ラクかもしれません。

ただ…日本人には「食が合わない」
事が多いようなので注意しましょう。

Sponsored Links

9.フィンランド

そして「フィンランド」です。

比較的良い治安と、昔の日本のような
穏やかな気候のフィンランドも
人気といえます。

世界幸福度ランキング5位ですよ。

ただし、物価は日本よりむしろ高いので、
お金持ちの方に限るかもしれません。

10.マレーシア

最後は「マレーシア」です。

某芸能人が移住しているとして
注目のマレーシアになります。

ただし、今のマレーシアは
「富裕層が集まる国」です。

一般人でも住めますが、普通に一人
15~20万円は必要と考えましょう。

まとめ

ぜひ動画もご覧下さいませ。

今回の記事では、
老後の海外移住を考えるポイントを

  • 費用を把握しているか?
  • ビザは取得できるか?
  • 年金手続きは大丈夫か?
  • 言葉は話せるか?
  • コミュニケーションは取れるか?

とお伝えしました。

海外移住も選択肢の一つですが
簡単ではない点には注意が必要です。

そもそもの老後対策を含めて
十分に準備を進めましょう。

なお、国内移住が気になる方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒老後の移住!伊豆などのおすすめの移住先を紹介【国内版】

国内もアリかもしれませんね。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】
山本昌義

老後・年金の相談、婚活支援、生命保険、資産運用、住宅ローン、
相続・贈与、離婚・転職

など様々な分野の相談に対応する
山本FPオフィス代表。
日本初にして唯一の『婚活FP』として活躍中。

▼公式サイト
http://yamamotofpoffice.com/

山本昌義をフォローする
老後
Sponsored Links


NEVER ENDING物語