老後の移住!伊豆などのおすすめの移住先を紹介【国内版】

定年を迎えて老後生活に突入した方の中には
伊豆などを代表とした
地方への移住を果たす方がおられます。

イメージと現実は違い、中には
移住を後悔する方もいるようですが、
その一方で移住して良かったと
感じる方もいるようです。

どうせなら後悔しないよう、
しっかり調べておきたいですね。

実際にFPである筆者は、
老後に伊豆などへ移住したいと
相談された事もあるので、選択肢の一つに
入れてもいいのかもしれません。

そこで今回は、老後に伊豆などの
地方へ移住する時のポイント
お伝えします。

あなたの老後に、お役立て下さいませ。

Sponsored Links


おひとりさまの老後の移住に適した土地ってどんなところ?

一人で老後に地方移住する場合は、
本人の性格や能力、経済力で
適した土地は変わってきますが、
一番のポイントは
コミュニケーション力でしょうか。

閉鎖環境に馴染めるか否かで
考えましょう。

老後の移住!おすすめの移住先を紹介【国内】

移住先は、いくつか考え方がありますが、
最優先は「仕事をするのか否か」
でしょうか。

あとは
「どんな生活を好み、送りたいか」
で考えましょう。

次の章から、
お勧め移住先をお伝えします。

1.伊豆

まずは「伊豆」です。

伊豆は観光地として有名ですが、
同時にだからこそ移住先としても
人気といえます。

温泉が好きな人には
いいかもしれませんね。

2.沖縄

次に「沖縄」です。

沖縄も観光地と言えますが、
それよりあの独特の風習や空気
好きな方には良いでしょう。

ただし、お金を稼ぐには
不向きな土地かもしれません。

3.千葉

そして「千葉」です。

都心部に電車で移動でき
それでいて普段は地方を満喫できる
千葉も人気といえます。

特に千葉は「海」に関係する何かが
好きな人に人気かもしれません。

4.札幌

さらに「札幌」です。

北海道最大の都市ですね。

美味しい食事と大自然を好む方には、
札幌は人気です。

また札幌は、大都市なのに
物価が安い点も魅力といえます。

5.京都

そして「京都」です。

京都は独特の文化が残る都市ですが、
それを好む方には人気の
移住先といえます。

ただし、物価は高めな点には
注意が必要です。

6.福岡

さらに「福岡」です。

九州最大の都市である一方、
東京に比べれば割安なので、
ここも人気の移住先といえます。

また都市なので、そこまで
人間関係が濃くない点も
魅力かもしれません。

7.別府

そして「別府」です。

大分県の別府と言えば、
とにかく温泉で有名ですから、
伊豆と同じく人気といえます。

また伊豆と比べて割安な点も、
魅力なところかもしれません。

8.軽井沢

さらに「軽井沢」です。

軽井沢といえば、
一時は夏の避暑地の代名詞でしたが、
今でもまだまだ人気は健在といえます。

ただ、一時期ほどの人気は
無くなったかもしれません。

9.四国

そして「四国」です。

一口に四国といっても様々ですが、
当人の好みによっては四国も
よく聞く人気の移住先といえます。

老後をのんびりしたい方には
いいかもしれませんね。

10.静岡

最後は「静岡」です。

適度に都心部に近く、
それでいてお茶を筆頭とした
名産品が多い静岡も人気といえます。

新幹線も通っていますから、
良いかもしれませんね。

老後に都会に移住するメリット・デメリットを解説!

移住は必ずしも
都心部から地方へ動くばかりでなく、
逆のケースだってある訳です。

次の章から、その
メリット・デメリットをお伝えします。

1.老後に都会に移住するメリット

まずは「メリット」です。

最大のメリットは、やはり
「利便性」でしょう。

少し動けばお店も病院も沢山ですし、
配達も豊富にしています。

車が要らない点も
安心ではないでしょうか。

2.老後に都会に移住するデメリット

そして「デメリット」です。

最大のデメリットは、やはり
「生活コストが高い」点といえます。

とりわけ「家賃」が
全然違うでしょうね。

十分な貯金をした方にだけ、
お勧めかもしれません。

老後に田舎に移住するメリット・デメリットは?

移住と言えば、やはり基本は
都心部から田舎の地方へ移り住む
イメージでしょう。

次の章から、その
メリット・デメリットをお伝えします。

1.老後に田舎に移住するメリット

まずは「メリット」です。

最大のメリットは、やはり
「生活コストが安い」点といえます。

家賃をはじめ、食材なども
大幅に違うでしょう。

ただ、車が必要な事が多い点には
注意しましょう。

2.老後に田舎に移住するデメリット

そして「デメリット」です。

最大のデメリットは、素直に
「不便」という点になるでしょう。

大抵、車がないと生活できません。

また「人の輪に溶け込みにくい」点も、
意識しておきましょう。

老後に地方都市に移住するのはアリ?

老後に地方都市に移住するのは
全然アリです。

ただし、
移住は人を選ぶと言えますから、
注意も必要といえます。

明確な意思と覚悟をもって
挑みましょう。

老後の移住に失敗しないために気を付けることってあるの?

移住に失敗しないために
気を付けた方が良いことは
沢山あります。

意外と後悔の声も多いので
注意しましょう。

次の章から、
その一部をお伝えします。

1.年金の手続きはできているか?

まずは「年金の手続きは
できているか」です。

これは手続きというより、
年金を納めてきたかどうか
という事になります。

地方では仕事に困ることも多いので、
注意しましょう。

2.移住費用は足りているか?

次に「移住費用は足りているか」です。

前述の年金は元より、
今後の生活で取り崩す貯金の準備
できているかを考えましょう。

地方の方が生活費が割安でも、
足りる保障はありませんよ。

3.健康や運動に自信はあるか

そして「健康や運動に自信はあるか」です。

地方は車が無いと生活できませんし、
一人、かつ周囲に誰も知り合いがいないなら
誰も助けてくれないかもしれません。

なるべく、ご近所さんと
仲良くするよう努めましょう。

まとめ

ぜひ動画もご覧下さいませ。

今回の記事では、
老後の移住先について

  • 伊豆
  • 沖縄
  • 千葉
  • 札幌
  • 京都
  • 福岡
  • 別府
  • 軽井沢
  • 四国
  • 静岡

とお伝えしました。

結局、移住は選択肢の一つなものの
簡単なことでもありません

長年かけてしっかり準備を整え
その上で実行しましょう。

なお、海外移住が気になる方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒老後の海外移住で失敗しないための5つのポイント

あなたはどこへ移住しますか?



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】
山本昌義

老後・年金の相談、婚活支援、生命保険、資産運用、住宅ローン、
相続・贈与、離婚・転職

など様々な分野の相談に対応する
山本FPオフィス代表。
日本初にして唯一の『婚活FP』として活躍中。

▼公式サイト
http://yamamotofpoffice.com/

山本昌義をフォローする
老後
Sponsored Links


NEVER ENDING物語
タイトルとURLをコピーしました