相続した家が売れない!売却のポイントと処分の方法

相続した家が売れない…

思い入れのある家を誰も欲しがらないなんて
相続した者としては悲しいですよね(>_<)

家が売れないのには必ず原因があるので、
そこをクリアにすれば
売却できるポイントが見えてきます!

そこで今回は、
家が売れない原因を徹底分析しました。

  • 家が売れない4つの原因
  • 相続した売れない家を処分する方法

をご紹介します。

あなたの家を思い浮かべて原因を探しながら
読んでくださいね(*^^*)

きっと売却への希望が見えてくると思いますよ☆

Sponsored Links


家が売れない原因をクリアして売却するポイント

そもそもどうして家は売れないのでしょうか?

よくある原因としては、
次のようなものがあります。

価格・価格設定が高すぎる
・地域の相場と合ってない
立地・交通の便が悪すぎる
・生活しにくい など
物件そのものの問題・築年数が長すぎる
・倒壊のおそれ
・住むには手入れが必要 など
不動産会社・不動産会社の腕が悪い

あなたの家はどれにあてはまりましたか?

どの原因もそのまま売るには結構致命的ですが、
対処法はあります!

価格

価格が原因の場合は、価格の見直しが必要です。

家の価格は地域によって異なるので、
まずは地域の相場を知ることが大切です。

地域の不動産チラシなどをみながら、
相場価格を参考に
売却希望価格を見直してみましょう。

きっとより多くの人が興味を持ち、
買い手候補が広がると思います。

不動産会社の相場価格以外にも
家の売値の参考となる価格もあります。

詳しくは
家の評価額(売値)を調べる5つの方法!
をご覧ください。

立地

そもそもの立地が悪すぎる場合は、
正直売却はかなり厳しいです…。

でも、

  • お寺
  • 隣人
  • 近所の人
  • 地域団体

など地域の人が買ってくれる場合もあります。

価格を見直しながら、
積極的に地域の人に声をかけてみましょう。

もともとそこに住んでいる人なら、
交通の便の悪さなどの立地の悪条件も
あまり問題になりませんからね(*^^*)

物件そのものの問題

物件そのものが

  • 築年数がかなり経っている
  • 柱など基礎部分が劣化している
  • 倒壊の恐れがある
  • 白アリなどの害虫被害がひどい

といった問題を抱えている場合も、
そのままでは売却は厳しいです。

リフォームしてから売却しましょう◎

ただ、古い上に立地が悪いなど
原因がいくつか重なっている場合は、
リフォームしたところで売れにくいままです。

いっそ解体して更地にして売るのも
おすすめの手です。

空き家のままいつまでも残しておくと
特定空き家に認定されて
固定資産税が増額されるおそれもあります。

固定資産税6倍とか、怖すぎます(~_~)

もちろん事前に通知は来るので
通知が来てから考えてもいいのですが、
時間に余裕があるうちに検討しておきましょう。

不動産会社

売却仲介を依頼した不動産会社
あまりよくなくて売れない場合もあります。

不動産会社にも得手不得手があり、
腕の良し悪しもあります。

どうせなら
腕がよく家の売却が得意な不動産会社』に
ささっと高値で売っちゃって欲しいですよねぇ♡

そんなステキな不動産会社を探すなら
スマイスターがおすすめ!

スマイスターの査定ページで、

  • 家の所在地
  • 物件の種類

など簡単な情報を入力して
一括見積をとってみましょう。

全国1000社以上の見積もりが
最短45秒ででてきます。

⇒スマイスターの査定ページはこちら

 

高値をつけた不動産会社は、
あなたの家の地域での売却が
得意な会社の可能性が高いです。

担当者に連絡をとり、
詳しい査定をしてもらいましょう。

Sponsored Links

相続した売れない家を処分する方法

これまでお話しした方法でも
どうしても売れない家は、
どう処分したらいいのでしょうか??

とりうる方法としては、

  • 相続放棄をする
  • 寄付をする
  • 無償譲渡する

という3つがあります。

特徴
相続放棄・相続自体を全部放棄する
・相続前に手続きが必要
寄付をする・自治体に寄付をする
・断られる場合も多い
無償譲渡する・タダで誰かに譲る
・欲しい人が見つからない場合も

どれも簡単ではありませんが、
検討してみる価値はあると思いますよ(*^^*)

並行して、スマイスターで見つけた不動産会社に
片っ端から相談してみましょう。

なにしろ全国1000社以上が提携しているので、
どこか1つくらい相談にのり
売却を手伝ってくれる会社があると思います。

⇒スマイスターの公式ページはこちら

 

不動産会社が扱う物件は
不動産会社ごとに大きく違います。

なかには、あなたの家に高値を付け
高値で売ってくれる会社も
あるかもしれませんよ(*^^*)

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

相続した家が売れない原因としてよくあるのは、

  • 価格
  • 立地
  • 物件そのものの問題
  • 不動産会社

の4つが考えられます。

価格を下げたり
リフォームをしたり
不動産会社をかえたりすることで、
売れる場合もありますよ(*^^*)

それでも売れない場合には、

  • 相続放棄
  • 寄付
  • 無償譲渡

によって処分する方法もあります。

それぞれ手続きなどありますが、
受け継いだ土地をムダにしないためにも
固定資産税を節約するためにも
じっくり検討してみてくださいね。

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる
相続



sweetflowerをフォローする
NEVER ENDING物語