老後の一人暮らしが寂しいという人向け!楽しみ・いきがいを紹介

若い時に結婚しなかったり、
あるいは死別や熟年離婚したりで、
老後生活を送る方の中には
一人暮らしをしていて、
孤独で寂しいと感じている方も多いです。

もっとも、最近では
寂しがっているヒマがないほど
働かなければならない人も多いのですが、
十分に備えてきた方にとっては
難しい問題かもしれません。

実際にFPである筆者は、
老後の一人暮らしが寂しいと感じる方と
契約を結び、話し相手になっている事も
多いのが実情です。

そこで今回は、
老後の一人暮らしが寂しい場合の対処法
お伝えします。

あなたの老後に、お役立て下さいませ。

Sponsored Links


老後の一人暮らしが不安?寂しい気持ちを紛らわすには

老後の一人暮らしが不安で寂しいのなら、
素直に「働き口を探す」のが
賢明かもしれません。

今どきは定年を迎えても
働くのが普通ですからね。

もう定年で悠々自適な人生は
普通ではないので、
時代の変化を受け入れましょう

余談ですが、
今は人生100年時代なので、
何か対策を取らないと
延々と苦しみが続きますよ。

老後の一人暮らしの楽しみや生きがいを見つける5つの提案

老後になってから行動を変えるのは
難しい事も多いですが、やはり
何らかの変化を起こしてこそ
状況も変化すると言えるでしょう。

ぜひ、色々と試して
何かを見つけ出しましょう。

次の章から、
変化のアイデアをお伝えします。

1.ペットを飼う

まずは「ペットを飼う」です。

最近では結婚しても
親と同居する習慣が廃れた代わりに、
子供が巣立った後に
ペットを飼う方が増えましたね。

ただし、住まいの物件によっては
「ペット禁止」な事も多いので
注意しましょう。

2.NPO法人で働く

次に「NPO法人で働く」です。

NPOにもよりますが、
一般企業に比べれば、そこまで
あくせく働く環境ではない
言えるでしょう。

あるいは同様に「ボランティア」も、
検討しやすい行動かもしれません。

3.新しい趣味を見つける

そして「新しい趣味を見つける」です。

実際には見つけようと思って
見つかるものでもありませんが、
それでも色々と試してみること
大切かもしれません。

もしかしたら、思いのほか
楽しいと思える趣味と
出会えるかもしれませんよ。

なお、趣味が気になる方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒老後の趣味ランキング!シニアに人気の趣味TOP10

何を趣味にしますか?

4.婚活をする

さらに「婚活をする」です。

最近は熟年離婚が盛んであることを受け、
逆にシルバー婚活も盛んといえます。

集まりに参加するだけで、
少しは楽しめるでしょう。

もしかしたら、ステキな伴侶に出会って
結婚できるかもしれませんよ。

5.仕事をする

最後は「仕事をする」です。

嬉しい事に、最近はむしろ定年を過ぎても
働く必要がある方が多くなった結果、
少しずつ受け皿となる企業や働き先が
増えつつあります。

お金にも出会いにもなりますから、
やはり今は死ぬまで働く方が
いいのかもしれませんね。

老後の一人暮らしはどこに住むのがいいの?

老後の一人暮らしは、考え方一つで
「住むべき場所」は変わります。

利便性を考えて都心部に住むのもアリですし
家賃や健康を考えて地方に住むのも
アリでしょう。

一人暮らしなら、そのままでは
誰からも助けて貰えない点を考え
選択しましょう。

最近では、定年後の移住も
一般的になりつつありますよ。

老後の生活費は一人暮らしの場合は趣味を含めてどれくらいかかる?

老後の生活費は、生活水準や場所、
そして「どんな趣味を選ぶか」で
大幅に変わりますが、それでもおおよそ
25~30万円程度は見ておいた方が無難です。

ただ今も一人暮らしなら、
老後にいくら必要かは、おおよそ
検討がつくところではないでしょうか。

強いて言えば老後直後はともかく、
将来的に介護が必要になった頃
想定しておきましょう。

自分で自分を介護はできませんから、
どうぞご注意下さいね。

なお、もっと生活費を知りたい方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒老後の生活費の内訳を解説!ゆとりある老後に必要な貯蓄とは?

個人差にはご注意を。

老後の一人暮らしの貯金はいくらあればいい?

老後の一人暮らしの貯金は、
一概には言えないものの、ひとまず
3千~5千万円くらい
欲しいかもしれません。

実際には貯金の無い一人暮らしの方も
多いですが…。

もし貯金がなくなれば「年金生活」になり、
年金で生活できないなら
「生活保護」になりますから、
現役中に十分な備えをしておくことが
大切です。

なお、貯金額が気になる方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒老後の不安を貯金で解消!いくらあれば安心?【ケース別解説】

がんばって貯金しましょう。

老後の一人暮らしを幸せに過ごすには?

老後の一人暮らしを幸せに過ごすには、
やはり強引に思い込むのは
ムリがありますから、
「当人が幸せと思える何か」
準備しておいた方がいいでしょう。

子供の夢と似ているかもしれませんね。

ひとまず最たるところは「お金」といえ、
老後に生きるために働くのは大変で
不幸せと言えるかもしれませんから、
十分な貯金を準備しておくこと
大切かもしれません。

まとめ

ぜひ動画もご覧下さいませ。

今回の記事では、
老後の一人暮らしが寂しい時の対策を

  • ペットを飼う
  • NPO法人で働く
  • 新しい趣味を見つける
  • 婚活をする
  • 仕事をする

とお伝えしました。

実際には老後に入ってから準備すると
意外と大変なことが多いですから
現役中から準備することが大切です。

一人でも老後を楽しく満喫するため
ちゃんとお金を準備する一方で
「楽しめる何か」も見つけておきましょう。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】
山本昌義

老後・年金の相談、婚活支援、生命保険、資産運用、住宅ローン、
相続・贈与、離婚・転職

など様々な分野の相談に対応する
山本FPオフィス代表。
日本初にして唯一の『婚活FP』として活躍中。

▼公式サイト
http://yamamotofpoffice.com/

山本昌義をフォローする
老後
Sponsored Links


NEVER ENDING物語
タイトルとURLをコピーしました