老後の施設の費用はいくらかかるの?施設の種類ごとに解説!

最近では子供が結婚しても、親と同居して
面倒を見てもらう風習が廃れたため、
老後にはどこかの施設入居を検討する方
増えた一方、その費用が気になる方も
多いようです。

最終的には費用は施設によるものの、
昨今では老後破産してしまっている
高齢世帯も多いですから、その悩みは
大きなものと言えるでしょう。

実際にFPである筆者は、老後に入る
施設費用についての相談が増えてきたので、
強く実感しているのが実情です。

そこで今回は、
老後に入る施設の費用について
お伝えします。

あなたの老後に、お役立て下さいませ。

Sponsored Links


老後の施設の費用はいくらかかるの?【公的施設】

老後の施設の費用は、
施設によって様々です。

ただ、公的施設でも年金以上の
支払いが必要になる事もあるので、
十分に貯金をしておく、
または家を売る覚悟が必要といえます。

次の章から、ざっくり
施設毎の目安をお伝えします。

1.ケアハウスの場合は月『15』万円

まずは「ケアハウス」です。

そもそもケアハウスは、大きく
「一般型」と「介護型」に別れますが、
一般型なら10~15万円程度でしょうか。

そして介護型なら、
15~20万円程度は必要です。

通常の老人ホームと比べれば割安ですが、
それでも安くはないかもしれません。

2.特別養護老人ホームの場合は月『15』万円

次に「特別養護老人ホーム」です。

特別養護老人ホームは
完全に公的な施設なので、
かなり費用を抑えることができますが、
それでも10~20万円程度
必要になります。

ただ、初期費用が不要なだけでも
助かるでしょうね。

3.経費老人ホームの場合は月『10』万円

そして「経費老人ホーム」です。

最近では先ほどのケアハウスと
同等に考えられる事も多いですが、
介護サービスのないタイプもあるため、
別枠といえます。

ちなみに介護サービスが無い場合、
より割安で10万円程度
済むでしょうか。

4老人保健施設の場合は月『20』万円

さらに「老人保健施設」です。

ここは自宅復帰を目的とし、
短期利用を前提とした施設ですが、
それでも費用的には20万円
必要なことが多いでしょうか。

また長期入居できない点には、
注意しましょう。

5.介護療養型医療施設の場合は月『15』万円

最後は「介護療養型医療施設」です。

残念ながらすでに2017年度末で
廃止されている施設ですが、
2024年3月末まで
移行期間があります。

利用の費用としては
15万円前後になるでしょうか。

老後の施設の費用はいくらかかる?【民間施設】

老後の施設となると、やはり
公的な施設に入れたらラッキーと言え、
基本的には民間施設で探します

その場合は、大抵が年金以上の
支払いになるので注意しましょう。

次の章から、ざっくり
目安をお伝えします。

1.介護付き有料老人ホームの場合は月『30』万円

まずは「介護付有料老人ホーム」です。

最近では一番、
一般的な施設かもしれませんが、
同時に色んな種類の施設があるものの、
費用は大体月に30万円
必要でしょうか。

さらに別途、入居一時金が
必要な事も多いので注意しましょう。

2.住宅型有料老人ホームの場合は月『20』万円

次に「住宅型有料老人ホーム」です。

自立にも介護にも対応している
老人ホームですが、その分、
費用の幅は大きくなるのが基本といえます。

ひとまず、月に20万円程度
見ておきたいところでしょうか。

3.健康型有料老人ホームの場合は月『15』万円

そして「健康型有料老人ホーム」です。

文字通り健康であれば入居でき、
そして介護が不要な分、
比較的割安で入居することができます

それでも月に15万円程度
見ておきたいところでしょうか。

4.グループホームの場合は『30』万円

さらに「グループホーム」です。

ここは認知症の方が入居する
施設になりますが、意外と費用は
介護付有料老人ホームと変わらない程度
必要になります。

十分にお金の面を備えておきましょう。

5.サービス付高齢者住宅の場合は月『25』万円

最後は「サービス付高齢者住宅」です。

これはケアハウス同様、
一般型と介護型があるのですが、
前者で20万円程度、
後者で30万円程度はかかるでしょう。

ただ、施設や地域差も大きいので、
自分で調べてみることが大切です。

老後の施設に入るには資金はいくら必要なの?

老後の施設に入る時の施設入居費は、
施設によるとしか言えません。

そして、無料なところもあれば
数千万円が必要なこともあります

ちなみに入居費が高いほど、
月の維持費は安くなる事が多いです。

なお、貯金が気になる方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒老後の不安を貯金で解消!いくらあれば安心?【ケース別解説】

不安なくらいなら貯金を貯めましょう。

老後の施設で高級なところは月いくらかかる?

老後の施設で高級と
呼べるようなところだと、
月に100万円を超える費用
かかるところもあります。

利用できる方は、
限られてくるでしょうね。

ハッキリいって上は青天井と言えますから、
それほどのお金持ちになったら
探してみましょう。

まとめ

気になる方は動画もどうぞ。

今回の記事では、
老後施設の費用として

  • ケアハウスは15万円程度
  • 特別養護老人ホームは15万円程度
  • 経費老人ホームは10万円程度
  • 老人保健施設は20万円程度
  • 介護療養型医療施設は15万円程度

とお伝えしました。

最終的には施設によるのですが
ひとまず安くは済みません

現役中から未来を見据え
しっかり貯金に励みましょう。

なお、一人暮らしが寂しい方は
以下の記事も参考にどうぞ。

⇒老後の一人暮らしが寂しいという人向け!楽しみ・いきがいを紹介

ぜひ何か新しい事を始めましょう。



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ

家・土地を売った人の実に80%以上の人が

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる

【関連する人気記事】
山本昌義

老後・年金の相談、婚活支援、生命保険、資産運用、住宅ローン、
相続・贈与、離婚・転職

など様々な分野の相談に対応する
山本FPオフィス代表。
日本初にして唯一の『婚活FP』として活躍中。

▼公式サイト
http://yamamotofpoffice.com/

山本昌義をフォローする
老後
Sponsored Links


NEVER ENDING物語